貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

以前から気になっていた「らーめん改」(蔵前)へ行ってきた。

何で気になっていたかって?

車で通る度、毎回行列を成していたので、ここは人気店なんだな!とチョックしていた。しかし行くタイミングを見失い、気合い入れて行こうと決めた日に限って週末なので案の定大行列(笑)

ある日「鳥さわ22(西麻布)」へ飲み行き大将と話をしていると「らーめん改」、ゴリ押しだったので3日後位に訪問。

果たしてどんなラーメンが楽しめるのか?

早速紹介しよう。

常識に捉われないスタイル!「らーめん改」へ初訪問

家から車で10分くらいの場所にあるので気軽に行ける距離に「らーめん改」はある。

店の前に多くの路上パーキングもあるので本当に便利だ。

(何故そんなに便利なのにもっと早く行かなかったのか(笑))

 

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

昼のピーク時間は避けたい。

お店に到着したのは11時半丁度。

待ちは4人。この人数だったら長時間は待たずに食べる事が出来るだろう。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

並び方や注意事項はご参考までに。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

待っている間に女性スタッフの方が先に食券購入お願いします、とアナウンスがあったので入店。

貝塩らーめん・煮干しつけ麺、2種類のみ。『貝』と『改』は掛け合わせているのかな?

しかし斬新だよね。貝塩と煮干しの2種類しか無いのもそうだけど、全く違った系統が楽しめるのは面白い。

さらに、貝油和えそばに煮干油和えそば(どちらも200円)もあるので1人で行って両方の味が楽しめる事になる。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

友人と2人で行ったので、

味玉貝塩らーめん(900円)
味玉煮干つけ麺(920円)
チャーシューご飯(250円)
煮干油和えそば(200円)

決定!!

並び始めてから15分後、店内へ案内される。

「らーめん改」を堪能する

店内はお洒落なカフェみたいな雰囲気があり、女性客が多いのも納得出来る。

スタッフの方もカジュアルなスタイルで、ここが本当にラーメン屋なのか一瞬分からなくなる。

(張り紙があり、近々2店舗目をオープンするそうだ)

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

卓上の調味料。

後程、味変を楽しんでみよう。

味玉煮干つけ麺

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

私は味玉煮干つけ麺をチョイスした。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

真空低温のチャーシューと海苔2枚ずつ。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

味玉はつけ汁の煮干の海にドボンされている。

熱が入っていくので、食べるタイミングは重要かもしれない。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

先ずは恒例の麺を1本すする!

自家製麺のモチモチした食感と小麦の強い香りがなんとも素晴らしい。麺単体で食べても十分美味しく楽しめる。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

それでは、煮干の海に付けて食していこう。

煮干ではあるが、全くエグミは無く透き通った旨さ。クセや臭みは本当に感じなく、煮干以外の違った旨味も感じられる。

これは何だ?

違う方のブログを見ると、『鶏白湯』と書いてあるが合っているのか??

物凄いパンチある煮干では無いが、かなりレベル高く好み。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

チャーシューも見た目通り、ジューシーで甘みがある。

これはビールが欲しくなる!

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

もちろん、途中からつけ汁残さないようにジャブジャブ付けまくって完食した。

煮干がここまで美味しいと、貝塩もかなりレベル高いのか!?

(味玉の写真撮り忘れたので、貝塩らーめんで紹介する)

味玉貝塩らーめん

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

友人が注文した、貝塩らーめん。

(食べる前に先に撮り食べさせてもらった)

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

アサリをベースにホタテやムール貝など大量の貝で出汁を取っているそうだ。

チャーシューや追加した味玉に加え、レギュラーの筍と大きな三つ葉が入っている。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

スープを飲んでみると、少し塩気が強いかな?と思ったが、徐々に貝の旨味がどんどん押し寄せて来る。

何とも言えない旨味と風味。煮干を先に食べていたので、インパクトは少ないかったが最初に食べていたら違った頼み方が出来たかもしれない。

筍もスープを飽きさせないいい箸休めになる。

麺は煮干とは違って、平打ち縮れ系のさらにモチモチして柔らか目。

個人的には煮干の方が好みかな!

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

味玉は、好みのタイプでは無いが、黄身の半熟具合と味の入り具合はこれでバランスが良いのかも。

(今までは好みの味玉はあったが、全体のバランスを考えた時の事を考えて食べてみようと思う)

チャーシューご飯

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

肉厚にカットされた、チャーシューご飯。

タレの味もさっぱりしているし、チャーシューも香ばしくセットで楽しむにはいいと思う。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

ご飯につけ汁の煮干スープかけるとメチャクチャ旨かった(笑)

ただ、1人で行き厳選しなければならない場合、やっぱ和えそばは食べて欲しい!

煮干油和えそば

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

食べ終わり位のタイミングで声掛けて注文する。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

今時の和えそばとは違って、出汁がしっかり染み込みこれだけで十分美味しい。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

先ほど言った、煮干のエグミはもちろん無く程よい油加減と旨味があって素晴らしい。

この旨さだったら、貝油和えそばも気になる。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

最後は少し酢を垂らし、さっぱりさせ完食。

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

確かに並んでまでも食べたくなる位、美味しかった。

次回は2号店に行ってみたいと思う!ご馳走様でした。

食べ終えて

貝塩ラーメンと煮干しつけ麺を楽しむ!「らーめん改」(蔵前)

新しい革命を起こしてくれそうなお店だね。

基本のベースがあって、新しいことにチャレンジしている感じのラーメンだったので今後が楽しみ。

一杯の価格は今後上がっていくとは思うが、唯一無二のラーメンが食べられるのであれば皆通うからね。店主もまだ若いらしく、更なる研究をしているはず!(多分)

蔵前で人気のラーメン屋「らーめん改」、是非行ってみてね〜

ご自宅でもお店と同じ本格ラーメンを楽しみたい方は、下記リンクから購入出来ますので是非!

ラーメンカテゴリの最新記事