「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

大好きな焼鳥屋、「鳥さわ」グループの新業態、『鳥さわっつ』ではなく、鳥さわ鍋が紹介制でひっそりオープンしました。同じく紹介制「鳥さわ22」のはす向かい、看板も暖簾も出していない、1日ひと組限定。

知り合いや常連さんしか予約枠がないので、ハードル高いお店です。元々は、冬季限定で、営業しよう!という話だったそうですが、あっという間に人気になり、夏場も満席。次の予約は来年。

どんだけ人気なんだよ!

元々、亀戸で鍋専門店を2015年にやっていた(惜しまれつつ閉店)ので、ノウハウはあったと大将は話していました。

4種類の鍋メニューの中から、大将おすすめの山椒鍋と料理を堪能してきたので、紹介します。

ひっそりオープンした鳥さわ鍋

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

しかし、鳥さわグループは勢いがあります。

亀戸にお店を構えてから、西麻布に出店。その後、麻布十番店、フランチャイズ2店舗目と恵比寿にイタリアンもオープン。(イタリアンに関しては、また別記事で紹介します。)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

実は、鳥さわ創業者の大将とは、ありがたい事に飲み行く仲なんです。先日も、京都へ2人飲み歩きをしに行ったり、4人で遠征もしょっちゅう行きます。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

そして、鳥さわ鍋、通称『鳥さわっつ』へ、西麻布店で仕事終わりの大将と合流して、4人で楽しむ流れになりました。今現在、大将は現場には出ていません。経営者として、店舗周りやブランディング等に専念しています。

大将、中澤氏が焼く焼鳥が恋しくなるお客も多くいるそうで、いつか実現する日があれば、超プレミアム席として競争率が激化するでしょう。

(今流行りの、NFTでその席の価格を決めるのも面白そう)

特別に入れてくれませんか?

山椒鍋コース

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

皆さん、各々マイペースなので、先に乾杯。飲み物メニューは、「鳥さわ22」と同じです。

ちなみに、鍋は『鳥鍋』、『鳥すき』、『鴨鍋』、『山椒鍋』の4種類。今は、プラスして『辛い鍋』も加わっています。色々食べたいけど、1種類しか選べないので苦渋の選択。

大将おすすめは、『山椒鍋』です。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

鳥刺し盛り合わせ。生、湯引き、昆布〆、鮮度の良さと、手間暇惜しまない仕事が垣間見えます。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

さて、皆揃ったところで宴がスタート!

芋焼酎ソーダ割をチェイサーに、ワインボトルを頂いています。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

粉山椒とペーストにした山椒の薬味。特筆すべきは、ペーストした山椒です。山椒特有の痺れが好きな人は、たっぷり入れると刺激的で病みつきになる。

なくなれば、追加注文できるので、遠慮なく申しつけましょう。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

鍋に入る食材です。もも肉、つくね、きのこ類、みょうが、せり、ねぎ、、、彩り豊かな上に、見た目だけでも水々しさが分かる。

鍋は、全てお店の方が調理してくれるので、手間要らず。オープンした時期が、コロナと被っていたこともあって、ひと組限定、調理不要、この2点においても話題になったのだろうと、大将は話していました。

しかし、鍋屋さんはたくさんあるのに、ここまでヒット店を生み出すのだから、経営者としても素晴らしい。先を見越す能力というか、決断力、いつも勉強させていただいている。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

お新香。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

そして、飲茶もコースに付いてきます。

阿波尾鶏(アワオドリ)を使っているから、食感も楽しめ甘味もある。化学調味料一切不使用なのに、この旨味は素晴らしい。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

さらに、嬉しいサービスがあります。斜向かいにある「鳥さわ22」から焼鳥のデリバリーが可能。食べたい部位があれば、事前に伝えて注文。タイミングを見て、走って持ってきてくれます。

「鳥さわ22」は、亀戸店の店長さんが焼いていて、久しぶり!と、挨拶できました。また、鮨食べに行こうね、と。

ちなみに部位は、はつもと、せせり、つくね。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

その間に、鍋が仕上がってきます。昆布と鰹でとった出汁に、たっぷりの山椒の実。山椒の粉もペーストも入れずに飲んでも、山椒の香りバッチリ。旨味も兼ね備えているから、体が喜ぶようなスープにほっこり。

フレッシュな野菜も食感のコントラストが楽しめます。セリのシャッキシャキ、キノコのクニュ、鳥肉のムチっと、シンプルながら、奥深い楽しみがある。

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

〆の写真は撮り忘れたけど、煮麺。鍋の種類によっては、雑炊もあるそうです。

 

いやいや、驚きました。シンプルに鍋を食べさせてくれるのは勿論、また行きたくなる不思議な価値観が存在します。料理、雰囲気、お店の方、大将と仲良いから(?)、さまざまな要素が重なり、次回の予約をして、ご馳走様。

ちなみに、次回は6ヶ月後。。。

食べ終えて

「鳥さわっつ」が復活!紹介制の鳥さわ鍋が最高(西麻布)

正直、「鳥さわ22」はご無沙汰になっています。亀戸の方が家から近いというのもあるし、やっぱ少々高めの値段設定だったので、気軽には行けない。予約も亀戸なら当日行ける日もあるので、どちらかというと重宝していました。

ただ、鍋に限っては通います。半年に一度の楽しみでもいいし、真夏に汗かきながら食べても面白い。最低4名、MAX8名くらいなので、仲間内でワイワイしたいです。

完全紹介制になっているので、気軽には行けません。ツテを使って、行ける努力をして下さい。

 

最後に、今後は読者の方々の意見を参考に食べ歩きのお店のリクエストをいただき、行きたいと考えています。行きたいけど、なかなか行けないから、行ってリポートお願いします!なんて、意見がありましたら、是非コメント残していただけたら嬉しいです。
もしくは、「Twitter」をやっているので、メッセージ頂けると幸いです。

「サウナ×飯・酒」に関しても、気になるエリアがある人、リクエストお待ちしています。よろしくお願いします!!

おすすめ記事カテゴリの最新記事