神奈川No. 1つけめん店!川崎『つけめん玉』

川崎でつけ麺を食べるなら間違いなくここだ!「つけめん玉」

2008年川崎市川崎区追分町に本店となる一号店をオープンさせた『つけめん玉』(以下『玉』)。

川崎市に住んでいる方でつけめん好きは知らない人はいないであろう大人気のお店です。

場所は若干不便な場所にあり、JR川崎駅東口(川崎駅前停留所9番・10番のりば)から臨港バス川22系統(三井埠頭線)もしくわ川23系統(大師線)に乗車し7つ目の停留所(大島3丁目停留所)で下車し徒歩数分。

歩いて行くならばJR川崎駅東口から徒歩30分くらいありかなり大変だろう。またそんな不便な場所にあるにもかかわらず今でも連日多くのお客さんで賑わっている。

今回はそんな人気店『玉』を紹介し一人でも多くの人に雰囲気や魅力が伝わり、「行ってみたい」と思ってくれたら幸いだ。

実は川崎区には『玉』系列のお店が数店舗ある。2008年7月11日に当店を開店し翌年の11月20日に『三三七(さんさんなな)』、2011年1月21日には『赤備(あかぞなえ)』を開店させどこも繁盛店となっている(二店舗ともつけめん店だ)。

その後は東京や千葉県、また国外には台湾に開店するなどとてもグローバルなラーメン店として注目されている。

外観の雰囲気

kawasaki-thukemen-gyoku

この日は週末の13時過ぎにお店に訪問。行ってみると案外閑静な住宅街にありあまり目立たないが人気店だけに外には列ができていた。待っている人数は6人程。

また土地柄車で行く人も多い。近隣にコインパーキングはもちろんあるが正直お店の前のスペースに止めている人も多くお店からも見えるので安心かもしれない(絶対とは言えないので駐禁は自己責任でお願いします)。

内観の雰囲気

kawasaki-thukemen-gyoku

kawasaki-thukemen-gyoku

20分ほど待ちいざ店内へ。L時型のカウンター10席のみでテーブル席はない。お客さんは皆『玉』の美味しさに一心不乱に麺を啜っている。

メニュー


kawasaki-thukemen-gyoku

お客さんのほとんどがつけめんを頼んでいる。今回は初めて行ったこともあり冒険せずにつけめんを頼むつもりだ。

kawasaki-thukemen-gyoku

つけめんメニュー各種

  • つけめん    800円
  • 味玉つけめん  900円
  • 特製つけめん  1050円
  • 辛いつけめん  900円
  • インドつけめん 900円

中華そばメニュー各種

  • 中華そば   750円
  • 味玉中華そば 850円
  • 特製中華そば 1000円

トッピング各種

  • 肉増   300円
  • くだき肉 250円
  • そぼろ肉 250円
  • 味玉   100円
  • 特製ねぎ 200円
  • メンマ  100円
  • 生卵   50円
  • のり   100円
  • 特製   300円

またご飯物や飲み物もお酒がありトッピングメニューを別盛りでもらい一杯やる人もいるらしい。つけめんや中華そばの基本のベースは同じだが気になるのが「インドつけめん」。なかなか聞かないネーミングに魅力を感じてしまうが今回は我慢し「特製つけめん」➕「大盛り100円増し」を注文した。

麺の量は並盛り(200g)と中盛り(300g)は値段が変わらないのでお好みで決めよう。

特製つけめん大盛り

食券を渡し10分前後待ちお待ちかねの特製つけめんが登場する。

kawasaki-thukemen-gyoku

kawasaki-thukemen-gyoku

大盛りの麺。400gもありボリュームと迫力は満点だ。中太平麺のような形をしていて若干ちぢれている。今まで食べてきたつけめんには中々見ないタイプかもしれない。

つけ汁

kawasaki-thukemen-gyoku

kawasaki-thukemen-gyoku

kawasaki-thukemen-gyoku

特製のつけ汁には具が初めから全て入っている。脂がよく乗ったチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ、のりが魚介ベースのつけ汁と絡み合って見ているだけで食欲が増してくる。

kawasaki-thukemen-gyoku

食べてみると独特の麺の食感がとろみのあるつけ汁と仲が良すぎて驚く。風味の良さももちろんあるがここまで一体となったつけめんはなかなかないかもしれない。

kawasaki-thukemen-gyoku

kawasaki-thukemen-gyoku

チャーシューや味玉、麺やつけ汁はもちろんのことトッピングに関しても全く隙がなく美味しすぎる。特に味玉は味の入り具合、黄身の柔らかさ、まさに好みだ。この味玉でビールも飲んでみたいところだ。

スープ割り

kawasaki-thukemen-gyoku

kawasaki-thukemen-gyoku

最後はもちろんスープ割り。最近では卓上にポットが置いてありお客さん自身で入れてスープ割りを飲ませるところが多いが『玉』ではしっかり店員さんが入れてくれる。刻み玉ねぎが少し残っていた(たまたま)ので一緒に飲むと玉ねぎの食感とスープが絶妙だ。最後まで美味しい一杯だ。

食べ終えて最後に

今では数店舗出店している『玉』。川崎の地でお店を開き約8年。川崎市民の方に「美味しいラーメン屋かつけめん屋教えて」と聞くと必ず『玉』や『玉』系列のお店をオススメする人が多い。

筆者も恥ずかしながら今まで一度も食べたことがなく今回が初めてとなったがもっと早く食べにくればよかったとものすごい後悔をした。東京で有名なお店のつけめんを何店舗か食べてきたが一番筆者好みの味わいだった。もちろん好みやその日の気分もあるかもしれないが「首都圏でオススメのつけめん屋はどこですか?」と聞かれたら真っ先に「川崎にある『玉』がオススメだよ」と答えるだろう。

今回は王道のつけめんを食したが「中華そば」やちょっと変わった「インドつけめん」も気になるので次回行くときはどちらかを食べてみたい。また近くを通った時やつけめんを食べたくなったら必ず行くであろう。とても満足だった。ご馳走様でした。

つけめん 玉

関連ランキング:つけ麺 | 小田栄駅

このジャンルのおすすめ
Pocket
LINEで送る

神奈川No. 1つけめん店!川崎『つけめん玉』」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 川崎で人気のラーメン店!玉系列は最高!「玉 赤備」 | 食べ歩きコンシェルジュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です