麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

銀座にある「SHIBIRE NOODLE 蝋燭屋(シビレヌードルロウソクヤ)」へ行ってきましたよ。坦々麺好きなら知ってる方も多いはずの名店!

しかし、坦々麺と汁なし担々麺より人気なのが「麻婆麺」。その名の通り、麻婆がたっぷり乗った一杯。お店の方曰く、「麻婆麺がここまで人気になるとは思わなかった(笑)」らしいです。

私は3種類のラーメンを食べましたが、どれも好みなのと、味変が楽しめるのが面白い!銀座という立地だけど、コスパもそこそこ良いのでこれからも頻繁に通うこと間違いなし😊

早速紹介したいと思います!

オープン前から行列覚悟の「蝋燭屋」に行ってきた

2017年10月にオープンし、あっという間に話題になった「蝋燭屋」へ初めて行ったのは平日の夜21時頃。

噂では並ぶとの情報だったので、避けていたお店ですが「この時間なら直ぐに入れるでしょう」と、余裕こいて行ってみると外で1人待ち。

この並びならほぼ待たなくて良いですが、後日オープン時間10分前に行くと20人は並んでましたね😂流石に1回転目で入れないと待つだろうな〜と思い、この日は別のお店で食べました。

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

タイミング次第ですが、夜行っても行列の時はあるし、昼はもちろん並びます。

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

目当てが担々麺類だったら良いけど、麻婆麺は限定數十食なので売切れてしまうんです。

これが早くから並ぶ理由かもしれません!麻婆麺を食べたい方は、昼・夜の早めに行くと良いでしょう。

メニュー

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

こちらがメニューです!

「麻婆麺」「酸辣湯麺」「担々麺」「汁無し担々麺」「冷やし担々麺(夏季シーズン)」。

初訪問は「冷やし担々麺」、次は「麻婆麺」、最後は「汁無し担々麺」を堪能しました。どれも辛さが最高でクセになる味!散々担々麺を食べてきた私ですが、間違いなくオススメできます😊

一杯1,000円前後で幸せになれるんんだから、申し分ありません!

また、お好みで「痺れ激増し」「辛さ激増し」「辣油激増し」が出来ます。通常でもなかなかの刺激ですが、お好みで是非!私はお腹壊しそうだからやめておきました😜

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

卓上にあるぶどう山椒オイルやブレンド酢、そして唐辛子で味変が楽しめます!

ぶどう山椒オイルは全メニュー似合うけど、特に汁無し担々麺、麻婆麺との相性が良いそう。ブレンド酢は汁無し担々麺、酸辣湯麺、唐辛子も全部合うけど、坦々麺がオススメ。

私はぶどう山椒オイルが大好きで、大量投入します。山椒の刺激があるけど香りが引き立って、もっと欲しくなる😜

そこに唐辛子も追加して、とことん刺激を求めて食べ進めます!

冷やし担々麺

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

初めて行った日は、夏の暑い時季だったので冷やし担々麺を食べました😊

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

よーく混ぜて食べてくださいと、指示のもと、麺量がそこそこあるので思い麺を天地返し!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

一口、ズルッと!

ん〜、冷たくて口の中が心地よい!細麺だけど、モチモチ感としっかりとコシも感じられ力強い。

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

胡麻ベースでクリーミーなスープが食用をそそります😊

マグマのように浮いてる辣油も、辛さが際立ち、辛味と旨味が交互に楽しめるスープ。

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

ヤベー、飲めば飲むほど止まらなくなる😂

冷たいスープでここまでコクが出るのも凄いよね。

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

味変一発目は、唐辛子!分量が分からず、適当に投入。

辛さが足りない方は是非!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

二発目は、ぶどう山椒オイル!

入れるスプーンが小さすぎて、何回も掬っては入れての繰り返し(笑)

香りが引き立って旨過ぎ!持ち帰りとかやれば、売れるような気がするな。

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

最後の、唐辛子とぶどう山椒オイルを大量投入し完食!

いやー、刺激多くて良いな。

最初は、1,180円!?と思ったけど、食べて納得。大満足の一杯ですよ!

麻婆麺 味玉トッピング

今日はどうしても「麻婆麺」が食べてみたい!

夜20時過ぎにお店に着き、「麻婆麺まだ残ってますか?」。残っててラッキー😊

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

麻婆麺や担々麺は3段階が選べ、冷やし担々麺の時は「普辛」にしたけど若干物足りなかったので、「倍辛」をチョイス!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

こちらが大人気の、麻婆麺!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

冷やし担々麺とは異なった、中太麺を使用。これが物凄く、麻婆豆腐と絡む!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

肝心の麻婆豆腐は、辛さが控えめながらに、しっかりと旨味とコクを感じられ、さらには豚挽肉の甘みもあって普通に美味しい。

豆腐も崩れてるけど、しっかり存在感はある!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

肝心の味玉は、普通に美味しい。

ただ、刺激的な麺類だったり、味が濃いラーメン屋(ラーメン二郎)とかだと、味玉の存在感が薄くなるん、毎回思ってはいるけど、大好きなのでトッピングしちゃうんだよね😜

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

途中から、ぶどう山椒オイルは大量投入し食べましたよ!

なるほど。これは面白い一杯です。麻婆豆腐が有名なお店は多く存在するけど、麻婆麺をここまで完成させたお店は初めてかな。

これは是非一度食べておくのが良いでしょう。

汁無し担々麺 味玉トッピング 半ライス

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

最後は、汁無し担々麺です。

汁ありより、俄然汁無し派(笑)

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

豚挽肉、砕いたナッツ、パクチーや白髪ネギなど、私の大好きな具がたっぷり!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

汁無しこそ、よーくかき混ぜる!妥協せずにかき混ぜることが、美味しくなる秘訣😜

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

麻婆麺と同じ麺かな?

ん〜、かなり刺激的な辛さ!「倍辛」にしたけど、汁無しが一番辛さがダイレクトにくる〜

しかしこの辛さが病みつきになり、箸が止まらない!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

恒例の味変もどんどん投入し、刺激をさらに強めてくよ!

もともと辛さがしっかりなので、ぶどう山椒オイルだけでも十分だけど、つい入れちゃうんだよね(笑)

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

終盤戦だけど、挽肉やタレはご飯を注文してるので残しながら食べます。

汁無しの定番は、〆のご飯投入でしょう!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

ドボンッ!!!

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

マゼマゼして、完食!

ここでもぶどう山椒オイルを投入したのは言うまでもありません😜

最初から具と麺を絡めて食べ過ぎたのか、もう少し挽肉欲しいな〜と思ったので、次は味挽肉(200円)を追加して食べようと思います!

食べ終えて

麻婆麺に坦々麺!何食べても旨い「蝋燭屋(ろうそくや)」(銀座)

どれも美味しかったけど、先ずは看板商品の麻婆麺かな。東京で麻婆豆腐が食べられるお店で大行列する事はほぼないと思うけど、大阪だと1時間は平気で並ぶんです。

そういった感じのお店になるつつあり、麻婆麺が美味しいお店がもっと増えたら面白いだろうな😊

個人的には、汁無し担々麺がメチャクチャ好み(笑)

次行ったら、多分汁無しに味挽肉トッピングし、ライスで〆るでしょう!是非一度行ってみて下さいね〜

ラーメンカテゴリの最新記事