予約必須!麻婆豆腐は必食!『中国料理 六徳 恒河沙』

予約必須!麻婆豆腐は必食!『中国料理 六徳 恒河沙』

2015年8月24日にオープンした中華料理店『中国料理 六徳 恒河沙』(チュウゴクリョウリ リットク コウガシャ)以下『六徳 恒河沙』。最初何て読むのかわからず苦労する方も多いだろう。

店主は大阪市西区にある有名中華料理店『酒中花 空心』(シュチュウカ クウシン)出身。そんな店主が作る料理はオーソドックスな中華料理を中心に季節を感じられる魚や野菜を使った創作中華料理も魅力だ。

一年経った今予約なしでは入れないお店となり連日食通たちで賑わっている。そんな人気店『六徳 恒河沙』をご紹介し一人でも多くの方に雰囲気や魅力が伝わり、「行ってみたい」と思ってくれたら幸いだ。

読みにくい店名の由来


冒頭でも述べた通り読みにくい店名。いやむしろ読めない。店主に由来を聞いてみたところ『六徳』と『恒河沙』は漢字文化圏の数の単位を示しているとのこと。
『六徳』はものすごい小さな数字を表し、『恒河沙』は無限に数の多いという意味。知人に店名をつけてもらったらしく初めて聞く言葉だが奥が深い感じがする。

外観写真

chineserestaurant-rittoku-kougasha

新福島駅からすぐの場所にあるので立地はかなり良いが目立たない佇まいである。繁盛店は外観は派手なイメージがないので当店も期待ができる。

予約は必須だ


営業時間はランチ11時半〜14時半、ディナー18時〜23時が基本だが金曜日、土曜日は18時〜翌1時までやっている。

ディナータイムは必ず予約しないと入れないくらいの人気だ(たまにラッキーな日があるかもしれないが)。ランチタイムは予約ができ無いので並んで待つしか手段は無い。

筆者は一週間前に予約したのだが一巡目満席なので空いたら電話すると言われたので早めの予約をおすすめする。

内観写真

chineserestaurant-rittoku-kougasha

カウンター10席のみの小さなお店だ。当日電話がかかってきたのが21時半頃だった。実はもっと早く入れるだろうと思っていたがやはり回転率はあまり良くなく2時間前後は居るので注意を。

グランドメニューと季節のメニュー


chineserestaurant-rittoku-kougasha

グランドメニューは多少は変わることがあるらしいが王道のメニューは常にある。また季節のメニューはこの日は遅いこともありほとんどなくなっていましたが鱧を使った料理を中華風にアレンジした料理もあるので季節ごとに通いたくなる。

この日は2件目ということもあったがせっかく来れたので食べられるだけ食べようということで料理スタート。

焼き餃子600円

chineserestaurant-rittoku-kougasha

chineserestaurant-rittoku-kougasha

一つ一つが大ぶりの焼き餃子。まずはそのまま一口食べること。中の肉汁がジュワっと一気に口の中に広がり肉の旨みが凄い。

二口目は自家製のラー油も付いてくるのでそれをつけて食べる。また違った美味しさだがそのままの方が美味い。

口水鶏(よだれどり)1000円

chineserestaurant-rittoku-kougasha

chineserestaurant-rittoku-kougasha

よだれが出るほど美味しいから口水鶏と付けられた鶏。柔らかく食感も最高。特製の辛めのタレをかけて上にはパクチーが乗っている。正直パクチーが苦手なのでよけて食べたがこれもまた絶品。

chineserestaurant-rittoku-kougasha

タレをたっぷりつけて食べるのがおすすめだが辛いのが苦手な方は少量にしておこう。

名物の麻婆豆腐は必食


chineserestaurant-rittoku-kougasha

大半のお客さんは食べていくという麻婆豆腐。大きめに切られた豆腐に見るからに辛そうな麻婆。

chineserestaurant-rittoku-kougasha

仕上げにはたっぷりの花山椒をかけているのだが、かけている時店内はものすごい香りに包まれる。

また中に入っているネギもまた美味。ここまで食感があり麻婆豆腐の中にいても存在感が強くとても良いアクセントになっている。

ランチでは麻婆豆腐定食が900円で食べられるので並ぶのも納得ができる。

又焼炒飯1300円

chineserestaurant-rittoku-kougasha

タレが染み込んだ又焼を使った炒飯。今まで食べてきた炒飯とは全く違う味わい。

chineserestaurant-rittoku-kougasha

パラパラなのだが所々でしっとりとした味わいでこれもまた美味い。

chineserestaurant-rittoku-kougasha

最後は贅沢にも炒飯に麻婆豆腐をかけて食す。あまり料理人の前ではやってはいけないかもしれないがこれはこれでありだ。

食べ終えて最後に


最初から最後まで感動の連続だった。素材の持ち味、旨味、刺激、香り、食感などをシェフが自在に操りバランスの良い料理を出している。

また器にもこだわりを感じられる。個性はあるかもしれないがオープン前に東京は八王子まで買い付けに来たとのこと。料理の味といい器のセンスといい素晴らしい。

ここまで感動するお店はなかなか無いし出会うことも滅多に無い。シェフの温かい接客にもまた話が弾み通いたくなってしまう。次の日も行きたくなって予約したのだが満席と言われ諦めた。

一つ一つの料理はボリュームがあるので4人くらいで行くのがベストかもしれ無い。今回は2人で行ったのだがお腹がパンパンになってしまい最後は残すまいと流し込んでいたくらいだ。貸切も一人6000円〜やっているので10人集められる方は是非やってもらいたいし筆者もやってみたい。

大阪は福島区は遠いがもし行く際は必ず行こうと思えるお店だ。とても満足だった。ご馳走様でした。

中国料理 六徳 恒河沙

関連ランキング:中華料理 | 新福島駅福島駅中之島駅

中華料理カテゴリの最新記事