カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

実家へ用事があり帰った日の晩御飯。

横浜方面にも行ってみたいお店があったが、自由が丘にあるシーシャ屋へも顔を出したかったので、自由が丘近辺でお店探し!奥沢の焼鳥も良いけど、電話したら満席。一人フラッと入れるお店を検索する事30分・・・

「寿福(じゅふく)」という町中華のお店が気になり行く事にした。決めた理由は、カウンター席しか無く気軽に行けそうな点と、年末にお会いした某グルメサイトを運営している方が特集していたからである。

噂通り、最高だったので紹介しようと思う!

自由が丘で町中華なら「寿福」で決まり

久しぶりの自由が丘。横浜方面へ住んでいるときは週二回は降り立ってシーシャ屋へ通っていた。シーシャを作る女性の技術レベルが高く、アットホームな雰囲気と話しやすいオーナーさんも魅力的!

(いつの間にか女性フタッフの方は辞めてしまい、どこで働いているのか分からない)

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

行く前に営業していることを確認済み。予約で出来ないそうなので、行って空いていれば待ち時間は無く、満席だったら待つしか無い。

平日の19時過ぎ、入ってみると三席ほど空いていたので無事入店。その後、一人来ては帰っての繰り返し。待つ方はほぼいなかったと思うが、この様子だとタイミング次第では気をつけた方が良さそうだ。

私みたいにダラダラ飲んでいる客もいれば、食事だけ済ませてサッと帰る人もいる。前者ばかりで埋め尽くされると、待ち時間で出て来てしまうでしょう!

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

昼と夜で注文可能なメニューが異なるそうだ。値段は変わらないが、昼は回転勝負なのでメニューを限定している。

アルコールの種類は少なく、最低限揃えている印象。とりあえずビールを注文し、何を食べようか決めていこう!

「寿福」を堪能する

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

乾杯は瓶ビール!アルコールを注文すると、お店の方々が『お疲れ様です!』と一言発してくれるサービスも嬉しい。何年も通っている方なら、『ただいま』と落ち着くのでしょう。

枠なサービスで驚いたが、個人店ならこのサービスは導入しない手は無いと思った。

・・・

2代目店主が料理を担当し、女将さんとスタッフの方、仕事分担がはっきりし手際良いのも魅力的。隣の方が美味しそうな料理を注文していたので、私も便乗してお願いした。

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

チャーシュー盛。厚みのあるチャーシューと大好きな味玉、そしてシャキシャキのメンマ。ラーメンの具最強スリートップとでも言えば良いでしょう。

厚みのあるチャーシューは唇でも切れてしまう柔らかく、味玉は絶妙な味と黄身の半熟加減、メンマもずっと食べていられる程優しい味付け!

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

手作りギョーザ。

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

最初の一品で心持ってかれているので、後は何注文しても安心と脳が言っていた。手作りギョーザも、文句のつけようが無いくらい好きなタイプ!片面しっかり焼のメイラード反応、餡は肉と野菜の甘みを十分に突出させ化学調味料に頼っていないので塩気も絶妙。もう反面はほぼ焼いなく食感のコントラストも楽しめる!

チャーシュー盛と手作り焼ギョーザ、ビールのアテには最強のコンビを最初から当ててしまった!!

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

贅沢を言わせて頂ければ、昔ながらのブラックニッカも良いかもしれないがせめてトリスか角ハイボールにして欲しい。コクと渋みを兼ね備えたブラックニッカの方が中華料理に合うのかもしれないが、これは頭が痛くなってしまう印象が強い。

(個人的な見解なのでご了承下さい)

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

もう一品注文して〆といこう。

通常ならレバニラ炒めを食べたいところだが、結構な量。最後にカレーチャーハンを食べると決めていた私は、比較的量が少なく辛ネギのアクセントが面白そうなねぎワンタンをチョイス。

柔らかいワンタンにシャキシャキの白髪ねぎ、口内で多少の違和感を感じるものの辛味が効いてハイボールが進む。

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

もう一杯ハイボールを頂き、胃袋を〆の備える。

ここで余談ですが、レバニラ炒めは注文した方がいい。注文が入ってからレバーの塊を冷蔵庫から取り出し、等分に切り落としてから調理する。何が凄いかって、多分鮮度抜群で臭みは皆無で旨味も強いと思う。肉類全般言える事だが、特にレバーは空気に触れる面積が多ければ多いほど酸化が始まってしまい腐敗していく。塊で保存しているという事は、空気に触れている面積が少なく、カットした時点で空気に触れ酸化していくので桁違いに新鮮だ!

食べていないので味の良し悪しは正確には伝えられない。が、絶対美味しいと思うので次回の楽しみにとっておこう。

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

最後は、カレーチャーハン!

中華鍋を振っている段階でスパイシーな香りが店内を覆い尽くし食欲がさらに増してきた。着丼と共にスパイシーな香りが一層強まり、脳が美味しいと確信した。

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

脳の期待値を勝る美味しさだった!油でしっとり炒められた米にカレースパイスが加わり、食べ進めると止まらない!!

カレー炒飯が旨い町中華!「寿福(じゅふく)」(自由が丘)おすすめメニューはこれだ

待て待て、ここまで旨いチャーハンを食べたのはいつ以来だろうか。チャーハンで人気と称されているお店何店舗か食べたけど、「寿福」は次元が違うような気がした。

今まで食べに行かなかった自分を恨み後悔したが、今後自由が丘へ行く機会があれば必ず行こうと決めた!

ご馳走様でした。

食べ終えて

次回は麺類とレバニラ炒めを絶対に食べよう。二人で行ければ後二品は食べられたが、流石に苦しかった・・・最近流行りの町中華、メディアが勝手につけたネーミングという噂もあり、そもそも町中華はラーメン屋だったとか。

まだまだ隠れた町中華の名店は多くあると思うので、発掘したいと思う。気軽に行けリーズナブルに旨い飯が食べられる、最高ではないか!

酒場も良いけれど、町中華巡りも楽しみたい。

自由が丘で食事に困ったら、是非「寿福」をオススメします!!

中華料理カテゴリの最新記事