酒好きの大衆酒場!祐天寺『もつやき ばん』

酒好きの大衆酒場!祐天寺『もつやき ばん』

東急東横線「祐天寺」駅から駒沢通り方面に向かって約5分くらいの場所にあり、青い看板と赤提灯が目印のお店『もつやき ばん』。酒好きの酒好きによる酒好きのためのお店とも言える当店の名物は何と言っても「サワー」。

先代のお兄さんがつけたとされている名前が今では名物になっており「サワー発祥のお店」とも言われ連日多くの飲兵衛でお店は溢れかえっている。

そんな人気飲み屋『もつやき ばん』を紹介し一人でも多くの人に雰囲気や魅力が伝わり、「行ってみたい」と思ってくれたら幸いだ。

お店の歴史や雰囲気

元々は東急東横線「中目黒」駅でお店を構えていたのだが店舗開発により泣く泣く2004年12月28日にお店を閉めた。店主はこの時74歳だったのことだ。翌年3月にご飯を食べていくために祐天寺で商売を始め隣の店舗が空きまたその隣も空きと現在の店舗になっている。

外観の雰囲気

motsuyaki-ban

写真では分かりにくいかもしれないが横並びに店舗が連なっており本店、二号店と分かれており出入り口が違うが食べられる料理や飲み物はどこに入っても同じなので安心しよう。

駒沢通りという大通りに面しており夕方以降通るとよく並んでいる光景を目にするので目立ち良い広告宣伝になっているはずだ。

内観の雰囲気

motsuyaki-ban

今回入ったのが正面右手の方だったがこっちが本店?なのかは謎だがカウンター席数席とテーブル席四人掛けと二人掛けが二つずつくらいあり席間は狭めだ。

また全店合わせるとカウンター席15席のテーブル席75席の全90席取れ、まさに大衆酒場のような感じだ。壁には紙に書かれたメニュー表がずらりと貼られており創業時からのままのもあるのだろう、年期が入ったものも多数ある。

名物料理を頼むべし

もつやきをはじめ揚げ物や一品料理なども充実しており料理と飲み物のメニュー数は50種類は優に超えてしまうくらい豊富だ。今回はそんな中から名物料理を頼んでみた。

「ガツ刺し」と「マカロニサラダ」

motsuyaki-ban

先ずは喉を潤すために瓶ビール大480円(サッポロ赤星)を注文。サッポロ赤星は置いてあるお店が少ないので嬉しい限りだ。お通しで枝豆が付いてくる。

motsuyaki-ban

ガツ刺し。ガツ(胃袋)をボイル胡麻油とおろし生姜、ニンニクを良く絡めて食べる一品。新鮮なガツだからこそ食べられビールのつまみに最適だ。これで280円だから安すぎる。

motsuyaki-ban

マカロニサラダ。当店の名物なのだろうか。最初は注文しなかったのだが周りを見渡すとほとんどのお客さんが食べていたので直ぐに注文。野菜がたっぷり入っていて女性にも人気とのことだ。お酒のあてに良いが何と言っても注文してからすぐに出てくるしこれもまた280円なので是非食べて欲しい一品だ。

もつやき各種に名物レモンサワー

motsuyaki-ban

こぶくろ(子宮)塩。もつやきと銘うつくらいだ。新鮮かつ丁寧に処理されていてとても美味しく塩加減も最高だ。もつやき系は全て100円と安い。

motsuyaki-ban

タン(舌)、つくね(鳥ミンチ)はタレで。さらっとしたタレが甘くてもつやきによく合う。卓上に辛子や七味もあるので付けて食べるとまた違う味わいで美味。

motsuyaki-ban

もつやきが美味しいとお酒もよく進む。ここで名物のレモンサワー(300円)を注文。レモンサワー発祥のお店とも言われているだけありほとんどのお客さんが注文する。

コスパ抜群のレモンサワーはジョッキにキンミヤ焼酎を入れ、ハイサワーで割り丸ごと1個のレモンを絞っていただく。飲兵衛や常連さん達は外(ハイサワーと生レモン)1に対して、中(焼酎)を2、3回お替わりできるので安価で飲める。

一品料理やその他

motsuyaki-ban

山芋のてんぷら(280円)。揚げ物は若干時間がかかるがサクサクした食感に備え付けの塩胡椒をつけて食べると相性は抜群。さらにお酒が進んでしまう。

motsuyaki-ban

オクラ納豆(280円)。見た目通り想像できる味だろう。箸休めに良いかもしれない。

motsuyaki-ban

豚足(350円)。冷たい豚足を特製の味噌ダレをつけていただくのだが癖になる味わいだ。皆で一心不乱にしゃぶり尽くすので一時会話が止まるほどの美味さだ。

motsuyaki-ban

揚げにんにく(280円)。丸揚げにされたニンニクを手で皮をむきながら食べたっぷり味噌をつけるとホクホクとした柔らかいジャガイモを食べているようだ。これは皆が美味い!といい追加でもう一つ頼んでしまった。

食べ終えて最後に

ありそうでなかなか無いもつやき店。今でも安くお手ごろに食べられ飲めるまさに飲兵衛の味方と言えるだろう。オープン前から並ぶことはないのだが営業が始まった途端に続々とお客さんが入ってくる。常連らしき人たちは自分の席が決まっているかのように座り黙ってても飲み物が運ばれてくるという面白い光景も見れる。カウンター席に座る人はレモンサワーを2杯飲みもつやきを3本食べすぐに帰る人もいたりとサクっと飲むにも良いお店だろう。

平日は16時〜23時までだが遅い時間に行くと品切れになってしまうもつやきが出てくるのである程度早い時間に行ったほうが良いかもしれない。ただゴールデンタイムはかなり混み合い外で待つこともあるので注意したほうが良いかもしれない。

近くにあったら毎日でも通ってしまうような『もつやき ばん』はまさに最高のお店だろう。また近くを通った時には行きたいと思う。ご馳走様でした。

ばん

関連ランキング:もつ焼き | 祐天寺駅学芸大学駅

焼き鳥・焼きとんカテゴリの最新記事