二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

今日から名古屋へ一泊二日の食べ歩き旅行!(少し仕事も絡んでいます)

名古屋は一年半ぶりかな?岐阜県の柳家へ行った時に数件食べ歩きをして、自分でも引くくらい食べ飲みし過ぎた。案の定それらが響いて体重が増加し、昨年ダイエットを頑張った!(今リバウンド気味)

一軒目は以前から行きたかった二郎系のうどんが楽しめる「肉うどん さんすけ」。こちらの店主は今はなき「ラーメン二郎 大宮店」の店主が経営しているお店なんです!

名古屋名物きしめんと二郎系うどん、どちらも定評があるそうだが今回は二郎系を堪能してきたので紹介しよう。

久しぶりに名古屋へ出発!

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

東京駅でラーメン食べてから新幹線乗るか迷ったけど、いつでも食べにこれる距離なので我慢して新幹線に乗り出発する。

(上でも話した通り、今回は仕事絡みなので贅沢にグリーン車で向かう!)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

駅弁は種類が多過ぎるのと、美味しさの基準が全く分からないので食べない。駅弁とビールを組み合わせて車内で楽しむのも新幹線の醍醐味なのかもしれないが、一度食べてダメだった(笑)

横浜出身なので崎陽軒の焼売弁当は短にあり、忙しい日は母親が弁当買ってきて食べていた。あれが駅弁だとすると、崎陽軒はレベルが高いと思う。昔から食べていたので新幹線で食べたいとは思わないけど、焼売とビールならありかもしれない。

缶ビール&ハイボールを買って一時間半の車内を楽しみ、名古屋駅到着。

「肉うどん さんすけ」までは歩けない距離では無いけど、結構遠いのでタクシーで向かった。日中、栄(一番の繁華街)は本当に人が少なく閑散としている。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

走る事10分強で到着。

お昼時だったから混んでいるかな?と覚悟していたけど外の並びは無く、店内も空席がありそう。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

では、お邪魔します。

濃厚肉うどん(味玉トッピング)を堪能する

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

券売機があるので食券を購入する。

肉うどん 880円
味玉肉うどん 980円
濃厚肉うどん 1,080円
濃厚肉うどん(少なめ) 1,080円
特製濃厚肉うどん 1,400円

人気No. 1は肉うどん。これはきしめんのシンプルなうどんになっているので、二郎系を食べたい人は濃厚肉うどんの食券を買うようにしましょう。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

味玉の食券が無かったので現金でお願いした。

女性スタッフが麺茹でや盛り付けをやっていて、肝心の店主が見当たらない。SNSを見ているので毎日居るはずだけど・・・

と、思ったら奥で麺を作っていて出来上がった物を出してはまた作っての繰り返しで忙しそう。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

セルフの無料トッピング出来る薬味や、平日11時半から15時まではご飯も無料で食べられる。私は二郎系を食べるので、ご飯はキツイので食べなかったけど、ふりかけなどご飯のお供が沢山あるので進むと思う。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

後半味の変化に生卵も考えたけど今回はやめておく。

蕎麦の二郎系は一度「角萬(かどまん)」で味わったけど、うどんは初めてなので楽しみ!

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

着丼!

豚二枚、もやし、ニンニク少し、見た目二郎(系)。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

厚みのある豚は脂がトロトロで見るからに柔らかくて美味しそう。

(腹ペコだったら見ているだけどヨダレが垂れてしまいそうな断面)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

もやしに刻み葱が絡み合った野菜から食べ進める。

クタクタ気味で味は無い。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

なのでスープを掛けて食べてみるも、全体の味が薄めなのかあまり変化が無かった。

二郎系のイメージで食べていたので、化学調味料感が少ないのが多少違和感(笑)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

なので卓上のカネシを入れて味を濃くして野菜を頂いた。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

麺が見えたので天地返し!

平打ち麺だが、これがうどんの原料で出来ているのは驚いた。

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

加水率低めに作ってるであろううどんはコシが凄く強く、いい意味でスープを吸い込み味がマッチしている。

麺量は300gくらいあるのかな?

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

豚も間違い無かった。口内でホロっと崩れ脂が甘くてバランスが良い。

美味しい豚に出会うと、持ち帰りしたくなり家でビールと一緒に楽しみたい!ここは名古屋なので難しいけど、いつか二郎系豚持ち帰りあったら自宅二郎もやってみたいなぁ(笑)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

やはり味は薄めに作られているような気がするので、七味やカネシを足しながらスパイスと旨味を足しながら食べ進めた!

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

味玉も完成度が高く、とても満足出来る一杯だった!

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

あっという間に完食し、ご馳走様。

食べ終えて

二郎系うどんを堪能!「肉うどん さんすけ」(名古屋・丸の内)

「肉うどん さんすけ」、店主がよく食べ歩き研究しているので日々試行錯誤している。麺の加水率を変えたり、スープの濃度を調整したりと日々SNSにあげている。

名古屋には二郎系のお店が少ないので、二郎が食べたくなったらここで楽しめるので覚えておきましょう。「肉うどん さんすけ」を食べた写真をSNSに載せたら、某有名焼肉屋店主からメッセージが来て『仲間のお店です!』と。これから年一は名古屋絵行く機会があると思うので、行こうと決めた。

この後仕事を一件こなし、ホテルでゆっくり過ごしました〜

蕎麦・うどんカテゴリの最新記事