超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

言わずと知れた、食べログ焼き鳥部門全国1位の「鳥しき」へ、初訪問!

焼き鳥好きなら知らない人は居ないであろう、超人気店!

そう。ただの「人気」で無く、『超』が付くほど大人気過ぎて、予約も取れない。

(予約方法や、どのようにして祈願の初訪問を果たしたかは、後程紹介します)

鳥しき食べずには焼き鳥は語れない!

昨年までは、頻繁に焼き鳥を食べに行く事が多く、『食べ歩き=焼き鳥』でした。

まだまだ食べ歩いて居ないお店の方が多過ぎるけど、人気店は制覇した方だと思って居ます!

しかし、鳥しきだけは一度も行けなかった。予約方法を調べ、それ通り実行するも予約出来ないし、行くことも出来ない!

さらには予約日に関しては、電話回線が混み合いすぎて、話すらできない。

「いつになったら、鳥しき行けるんだー!!」

と、もがいていた昨年。

今年になってからは、焼き鳥熱も冷め、ほぼ諦めかけて数ヶ月が経った4月の事。

「6月〇〇日空けといてね!」

と友人に言われ、最初よくわからなかったけど、二つ返事でOKし予定を空けておきました。

そう、そうなんです!!

なんと友人が私のために(多分)鳥しきをを予約してくれたんです!!

何百回、時には何千回も電話し、予約出来なかった私が、友人がいとも簡単に電話が繋がり予約出来たんだって(笑)!

予約困難だし、一度行ったからと言って次回の予約ができるわけでもないので、必死に電話を掛け続けるしか無い。

行くまでにハードルが高い、「鳥しき」の予約方法やお任せコースの内容や料金、持ち帰りの弁当まで紹介していきます!

是非参考にして下さい!

予約方法を紹介!
超予約困難の鳥しきは、皆一体どうやって予約し食べに行っているのか

鳥しきへ一度は行こうと思った方は知ってると思うが、

「皆、どうやって予約とって行ってるんだろう?」

インターネット情報だと、

『毎月最初の営業日より、2ヶ月先の予約を受けている。受付開始時間は、以前は14時からでしたが、今は18時から受付開始している』

なので私は毎月の月初は、電話を二台持ち、友人とずっと掛け続けました!

ツーツーっ」
「ツーツーっ」
「ツーツーっ」

(話し中)もしくは、

「お掛けになった電話は、回線が混み合っていています」

これの繰り返し!

18時スタートで、最低でも500回以上は掛けているし、多い月は1,000回以上は掛けたけど、一向に繋がりませんでした。

「24時頃のならさすがに繋がるかな?」と、思い電話してみるも繋がらない。

とにかく根気よく掛け続けるしか無いんです!

ちなみに、今回予約してくれた友人は、160回掛けて繋がったそうです(笑)

本当に運とタイミングなんでしょう。

二番手待ちや、当日飛び込みで行ったら入れるって本当?

ネット情報だと、

二番手待ちや当日飛び込みで行って入れることがある!」

実際には、運良く時には入れるそうですが、私は一度も実現したことがありません。

平日の早い時間帯に電話し、

「すみません。本日キャンセル出ていますか?出ていなかったら二番手予約可能でしょうか?」

このように電話確認するも、10回ほど全部振られてしまいました。

一人だったら行けるかな?と、少し甘い考えを最初はしていましたが、そんな気持ちは簡単に裏切られ、一度も自分の力で行くことが出来なかった(笑)

店員さんに聞いてみると、

まれにキャンセルが出て入れることはありますが、ほとんど予約のお客様で埋まっています」

なので、本当にこちらも運とタイミングです!

その他の予約方法はあるのかな?

そんなことを思って、食べに行った日の様子を見ていると何組か常連の方がでした。

しかも、年配の方も居て、

「絶対この人が、初月の営業日の18時から根気良く電話してないでしょ!」

と、思いました。

実際のところはわかりませんが、多分店主の人脈枠があるような気がします。

(間違っていたらすみません)

なので、私も店主との人脈をいつか作って、予約できるように頑張りたいと思います(笑)

おまかせコースのみの!ストップするまで永遠に出てくる焼き鳥の数々

ここからは初訪問し、堪能した料理の数々を紹介。

鳥しきの姉妹店、鳥かどと同じシステムで、基本おまかせコースのみ。

お腹いっぱいになりそうだな!と、思ったくらいで「ストップ」を伝えます!

(「ストップ」を伝えてからは、2本〜3本は串が出てくるので、腹八分目で伝えること)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

早く食べたい!」

18時に予約した私たちは、お店に着いたのが17時50分。

お店は18時オープンなので入れるわけもなく、10分ほど待ち店内へ!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

店主の池川さんは、とにかく焼き鳥との真剣勝負!

さらには、接客も怖いくらいの眼差しで、360度(後ろにも目が付いているのではないか)お客さんを見て、気配りも素晴らしい!

例えば、手羽先を食べたら、途中で、

「◯番さん、おしぼりね!」と。食べ終わった頃、新しいおしぼりが、ポンっと渡され手を拭き拭き。

味の評判だけでなく、お店の雰囲気から接客まで完璧すぎて何も言うことがなかった!

 

とりあえず飲み物メニューを見て、注文し苦手なものを伝え楽しむことに!

お新香&大根おろし

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

一品目の定番である、お新香と大根おろしが運ばれてきて、料理がスタート!

大根おろしは、安定の美味しさ。

苦味も全くないし、むしろ醤油を掛けて食べたら、そのままでも十分おつまみになる!

少なくなったら、追加してくれるので、遠慮せずに食べるのがいいでしょう。

ささみサビ焼き

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

先ずは、ささみサビ焼き!

普段、ささみと砂肝を外してもらうけど、当店のは食べてみました。

焼きの神!

外は炭の香りでコーティングされ、中は刺身のようにレア。

ただ、一口食べると芯まで温かく炭の良い香りとささみの旨みがしっかり!

そこに、生わさびのが加わり、完璧すぎる。

かしわ

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

かしわは、さっぱりとしたタレ焼き!

柔らかく、ジューシーです!

ヤゲン軟骨

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ヤゲン軟骨はより、ひざ軟骨派の私ですが、ヤゲンが美味しすぎた!

コリっとした食感も大切だけど、鳥の捌き方でヤゲンについている肉の部位や量、さらには繊維が変わってくるのでしょう。

噛めば噛むほど甘みが出て最高!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

私は抜いてもらった、砂肝は一口もらったけど、やはり普通だった。

好きでも嫌いでもないんだけど、「美味しい!」と思ったことがないんですよね。

トウモロコシ

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

旬のトウモロコシが出てくるとは、驚き!

香ばしい食感と、甘みトウモロコシは美味しいけど、歯に挟まって食べにくい(笑)

食道(しょくどう)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

大好きな部位、食道!

柔らかく噛んでいると、程よいコリっとした食感がまた美味しい。

ヤゲン軟骨とはまた違った食感です。

ししとう

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

この日のししとうは大きくて辛かった!

辛いのが苦手な友人の分も食べておきました(笑)

白玉(しらたま)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

白玉は、うずらの卵です。

周りはしっかり焼かれていても、中は黄身がトロッとしていて最高!

味付けも、タレで焼いているのでまたそれが良い!

白ご飯と一緒に食べたいな〜

銀杏(ぎんなん)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ホクホクの銀杏は、お酒のアテに最高です!

血肝(レバー)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ここまで臭みがないか!?

しかも、臭みがないだけでなく、しっかりと旨みがある。

サラッとして新鮮なレバーは何度か食べたことあるけど、そういったレバーは旨みがない!しかし、当店にはしっかり旨みがある!

少し寝かせたりするのが良いのかな?

せせり

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

首の筋肉の部位、せせりは希少部位。

美味しいお店のせせりは本当に好きで、程よい脂身とタンパクの味が絶妙です!

丸ハツ

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

これまた、大好きな丸ハツ!

クニュッとした食感がよく、噛んだ瞬間に脂が、ジュワッと出てきて旨い!

厚揚げ

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

周りはカリッと揚げ、中はツルっとした味わいの厚揚げ。

刻み葱二種の味付けもよく、さっぱり食べられる一品!

厚揚げを比べるなら、南青山 七鳥目の方が好きかな〜

つくね

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

つくねの焼き加減が絶妙で素晴らしかった!

食べた瞬間、「中レアじゃない?」と、思いみたけどしっかり火が通っている。

生のつくねを食べているような感覚に陥る、この焼き具合は、神業です!

椎茸(しいたけ)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

肉厚なしいたけ!

野菜のステーキのような食感です。

ぼんじり

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

鳥のお尻の部位、ぼんじりも昔は好きじゃなかったけど、美味しいところは全然違うね。

ほぼ脂身だけど、まとわりつくような脂は全くなし!

口の中で鳥の旨みをしっかり味わえる脂身で、その脂を日本酒や焼酎で流し込みのが心地よい。

新ジャガ

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

新ジャガが、串で出てくる!?

これには驚いたけど、ホクホクで良かった。ただ、喉が乾いてしまう(笑)

手羽先

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

大ぶりの手羽先!

終盤にきて、このボリュームはなかなか苦しい。

っということで、ここでストップをお願いしました!

合鴨(あいがも)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

鳥ではない、合鴨が出てきました。

なんだか、終盤にきて秘匿しのサイズが大きくなっている・・・

ペコロス

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ペコロスは芯まで熱々!

暑いけど甘みがあります。

ソリ

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ソリも大きい(笑)

ももの付け根の部位で、脂身が多い部位。食べ応えあり好きだけど、最初の方に出てきて欲しかった!!

そして、ストップしてから〆のご飯を聞けれ、2種類を注文しておきました。

〆の親子丼と卵かけ御飯

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

焼き鳥屋の代名詞、親子丼は食べないことには始まらない!

いや、終われない!!

見てくださいよ!?

このトロトロの卵の黄身。見てるだけでヨダレが垂れそうだし、運ばれてきた瞬間、

これ、絶対美味しい親子丼じゃん!」

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

食べてみると、うん。間違いない。

先ずは出汁の味と鳥のサイズ、そしてそれらを全てコーティングする卵が完璧すぎる!

最初に卵である程度纏めて、最期に濃厚な黄身をトロッとかけているのでしょう。

親子に負けないくらいの、ご飯も米一粒一粒が生きています!

これ、久しぶりに美味しすぎる親子丼に出会ってしまった・・・

しかも、一人一つ食べられるサイズ。二つ注文しておけば良かったな!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

私が卵かけご飯に求めているのは、面白さなんですよね。

王道の卵かけご飯も美味しいけど、面白いのを期待していたので残念!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

最期に、鳥スープがきて終了。

一人20本くらい食べたので、相当苦しかったけど、今後来れるかわからないので全串制覇したかったな(笑)

飲み物メニューと、この日飲んだお酒

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

飲み物は思ったよりリーズナブルでした。

ビール、焼酎、日本酒、ワイン、一通りあるけど、ワイン以外は種類が少ない。

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ワインもボトルがメインなので、大人数で行った時はボトルで注文するのが良さそうですね。

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

私たちは、

ビール1本、焼酎ソーダ割り4杯、日本酒3杯、白ワイングラス1杯飲みました。

よく飲み、よく食べました!

持ち帰り弁当も必食

隣に座っていた方が、

「お土産の弁当2個お願いします」と言っていて、なんだろう?と思い聞いてみると、

「2,200円のそぼろ弁当と、2,500円の焼き鳥とそぼろが入ったお弁当があります」

しかも、常連さんの方々はほぼ注文しているので、私も注文!

(最初の方に行っておかないとタイミングで作れないことがあるので、注意してください)

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

ということで、次の日も鳥しき弁当を楽しみました!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

もちろん、2,500円の弁当にしましたよ!

中身は、

鶏そぼろ、しいたけ、鶏皮、ししとう、かしわ、つくね、うずら。

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

感動したのは、鶏そぼろの美味しさ!

今まで食べた鶏そぼろも好きなお店はあったけど、食感や味付けが少し違う。できたてを食べていないけど、冷めてもこの美味しさは素晴らしい。

もしかして、冷めても美味しいように作っているのか。

そこのところはわからないけど、鳥しきを次の日まで楽しむためには、弁当の持ち帰りをオススメします!

冷めても美味しい、鳥しきの弁当は差し入れで持って行ったりしたら喜ぶだろうな〜

気になる会計は

超予約困難!焼き鳥No. 1の「鳥しき」(目黒)へ初訪問!

一人20本ほど食べ、お酒は10杯弱のみ、さらにはお土産の弁当(2,500円)も入れて、

28,050円でした!

金額だけ見たら、高い!と、思う方もいでしょうが、日本一の焼き鳥屋でこれだけ食べ飲みしたのを考えたら、リーズナブルだと思う!

鳥かどの方が高かったのである程度覚悟していたので、安く感じたのかな(笑)

何れにしても、日本一の焼き鳥職人、池川さんはアスリートといってもいいでしょう!

焼き鳥と向き合っている真剣勝負な姿やお客さんへの気配り、相当な神経を使っていると思う。

また食べに来れたらいいな〜

誰か予約してくれることを願っています(笑)

大変満足だし、素晴らしく貴重なお時間を感謝!

ご馳走様でした!!

鳥しき

関連ランキング:焼き鳥 | 目黒駅白金台駅

おすすめ記事カテゴリの最新記事