人形町の「にくがとう」で肉とワインを堪能!

nikugatou

2014年5月16日にオープンした『にくがとう』。

赤身肉をメインに使った和牛をリーズナブルな価格で味わえるとメディアでも引っ張りだこ。

またお肉に合わせるワインにも力を入れていて女性のお客さんを多く虜にしています!

場所は日比谷線「人形町」駅徒歩5分ほどの場所にあります。

今回は月に一度開催されている「にくがとう×自然派ワイン」の会に行ってみました!

通常のコース料理ともほとんど変わらないので、にくがとうの魅力が伝われば幸いです。

通常営業とは違うイベント営業

「にくがとう」に行きたいと思い、ホームページを見ていると月に一度開催されている、「にくがとう」のお肉を堪能でき、
ワインソムリエによる自然派ワインのペアリングを楽しめるという会に参加しました!

外観の雰囲気

nikugatou

nikugatou

この日は18時〜21時まで二階のVIPルームでのイベント開催!

当店の通常営業時間は17時〜24時だが予約なしではほぼ入れないので注意しよう。

私は17時50分ごろ着いたが一階席はすでに賑わいを見せています。

二階席(VIPルーム)

nikugatou

入り口すぐ傍に二階に上がる階段がるのでそこを上がるとVIPルームになる(一応二階席は一見さんお断りということらしいので注意)。

だいたい8人〜18人が目安とのこと。

今回はイベント営業なので数多くのワイングラスが卓上にセットされていました!

18時から料理がスタート

以前知人たちと『にくがとう』に来たことがあるのだがお肉のメニューをみるとその時のメニューとほとんど同じです。

今回はそのコースにワインが5種類付いて8,640円である。

nikugatou

旬の手作りキムチ&ナムル

nikugatou

全国の農家から直送している野菜を味付けしている。

この日はピーマン・きゅうり・牛蒡・玉ねぎ!

どれも食べたことのない味わいで面白く、特にピーマンが癖になります!

肉の刺し盛り

nikugatou

左手前から時計回りにハチノス・ツラミ・上ミノ・ハツ。

ハチノスと上ミノは味噌ベースで味付けされ、ツラミとハツは生姜とニンニクで食べる。

この中でハツの刺身は絶品!

新鮮だからこそ食べられる一品です。

至福の握り(カンボジア生コショウ)

nikugatou

nikugatou

肉の部位の名前は忘れてしまったが少し炙ってある和牛に特製のカンボジア生コショウが乗っています!

大粒の生コショウが二粒あるので一粒はそのまま食べ、もう一粒は握りと一緒に食べる方がオススメ。

なんとも言えない生コショウのパンチがお酒ともよく合いさらに肉を引き立たせてくれます!

名前の通り本当に至福の握りです!!

焼肉に突入していく

『にくがとう』では最高の状態で食べて頂きたいということで店員さんが全て焼いてくれるます!

今回はイベント営業だから?と思う方もいると思いますが、イベント営業に関わらず通常営業でももちろん焼いてくれるので安心してください。

厚切り特上タンにハツ

nikugatou

nikugatou

写真左側が厚切り特上タンで右側がハツ!

ま備え付けにはタスマニア産の粒マスタードがあり焼いてから一緒に食べると美味しいと言っていました!

nikugatou

nikugatou

この日は店長さんが全テーブルのお肉をじっくり焼いてくれます!

決して強火の真ん中では焼かずに周りの、火が強くないところでじっくり焼いています。

特上タンは歯がサクッと入るくらいふっくらしているし、ハツはタスマニア産マスタードとの相性が最高!!

美味いな〜

元祖イチボの1枚焼き(すき焼き風)

nikugatou

見ただけで美味しいってわかるようなお肉!

かなりの薄切りだが大きく切られており、
「職人さんが切ってるんですか」と聞いたらさすがにここまでは切れないので機械ですっと言っていました!

nikugatou

名前にすき焼き風とある通り生卵も付いてきます。

今流行りのあれですねw!

この日はコースだったので値段がわからないが通常メニューだと1枚700円します!

なかなかのお値段!

nikugatou

強火で一気に焼き上げます!

2秒から3秒くらいしか炙ってないが綺麗に火が入り溶き卵の中にドボン!!

nikugatou

溶き卵とお肉についてるタレがよう絡み合い幸せな一口!

卵も美味しすぎて全部飲み込みそうになりましたが後ほど使うので残しておいて下さいと言われました!

何に使うのかな〜?

和牛赤身A5とロック飯

nikugatou

nikugatou

私の中では今回のお肉で一番好きだった一品でした!

赤身肉だが程よい脂もあり何より香りが良い。

nikugatou

またお肉と一緒に食べるご飯は通称ロック飯!

お米は高知県産のにこ丸米!

なぜロック飯なのかは謎ですw

nikugatou

nikugatou

もちろんこちらも店長さんがじっくり焼いてくれます。

また、シェフ特製ガーリックバター醤油を何度もつけ味をなじませてながら、つけて→焼いて→つけて→焼きてを繰り返しています!

nikugatou

焼きあがったら一枚はそのまま食べてもう一枚はロック飯に乗っけます!

そこに先ほど残しておいた溶き卵を入れ特製ガーリックバター醤油をかける!!

いやーこれは言うまでもないですよね?

美味しすぎて驚きました!!

もしかしたらこのスタイルをロック飯というのかもしれません!

ちなみに単品で頼むと「和牛A5赤身ロック1,500円」に「ロック飯200円」です!

これは必ず食べて欲しい一品!!!

まだまだ続くお肉と〆まで

なかなかのボリュームと最高の味わいでコース料理は終盤をむかえてきました!

にくがとうのカルボ

nikugatou

nikugatou

脂身が強いそうに見えるが焼くことにより余分な脂が落ちさっぱりとしたお肉です。

ビールやワインによく合うな〜

リードヴォーのバルサミコソース

nikugatou

リードヴォーは子牛胸腺の部位です!

なんとも面白い食べ方!

正直初めての食感や味わいなので美味しいのか微妙なのか少し分からないが脂身がなく食べやすいお肉です。

まー好みが分かれるかもしれません。

冷製カッペリーニ

nikugatou

シェフがこの日のために本気で作ったという一品!

焼肉屋とは思えないクオリティーの高さに一同驚き!!

赤ワインともよく合うし〆には珍しいが最高の料理です。

ここでコース料理はすべて終了しました!!

nikugatou

また今回5種類の自然派ワインを堪能させていただきました。

泡が1種類に白と赤が各2種類ずつ。

相性の良いワインやお肉を引き立たせてくれるワインなど様々で楽しませていただいた。

今回頂いたワインリストです!!

  • アンリ・メール/フィット・ドール ブリュット ブラン・ド・ブラン
  • ジャッキー・プレス/レ・ピロティエール ソーヴィニヨン2014
  • エステザルグ/テール・ド・ソレイユ ブラン2014
  • ジャッキー・プレス/トゥーレーヌ カルベン V.V.2011
  • シャーム・アルノー/コト・デュ・ローヌ ルージュ2013

食べ終えて最後に

赤身肉とワインをコンセプトに多くの料理を堪能しました!

店員さんがお肉を焼いてくれるスタイルのお店も多数あるけど、値段の割にはものすごいコストパフォーマンス良いお店です。

ワインも一本2,900円からあり好みを言えばそれに合わせて出してくれるのも嬉しい。

私は重めの赤ワインが好きですが、今回は軽めのものばかりで少し残念でしたがとても満足をさせていただきました!

また機会があれば美味しいお肉とワインを堪能しに行きたいと思います!

とても満足!ご馳走様でした!!

にくがとう

関連ランキング:焼肉 | 人形町駅小伝馬町駅三越前駅

このジャンルのおすすめ
Pocket
LINEで送る

人形町の「にくがとう」で肉とワインを堪能!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 本場博多もつ鍋を一度は食べて欲しい!「やましょう」(人形町店) | 食べ歩きコンシェルジュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です