至福の数々!生うに牛巻きは必食!『かねます』(勝どき)

kanemasu

都営大江戸線「勝どき」駅A4出口出てすぐの場所にある人気立ち飲み居酒屋『かねます』。

立ち飲み居酒屋のイメージは安くてサクっと飲んで帰るイメージだが当店は高級食材を使い銀座で食べたら倍以上はするだろうという料理を割りかし安価な値段で出し話題を呼んでいる。

16時オープンなのだがその前から並んでおり開店と同時に行ってもなかなかお店に入れないくらいの大人気店『かねます』をご紹介し一人でも多くの人に雰囲気や魅力が伝わり「行ってみたい」と思ってくれたら幸いだ。

オープン前に行っても並ぶの覚悟

訪問した日は平日の雨の日。お店に着いたのが15時半過ぎで外には6人ほど並んでおり一巡目で入れると安心。

また雨の日でも並んでいることに驚いたのだが毎日オープン前から待っている人は多くいるとのことだ。

外観の雰囲気

kanemasu

雨が降っていようがタワーマンションの一階部分にあるので屋根が付いているので待ちやすい。

お店は16時オープンということだがたまに準備が出来次第営業を始めるので行く時間の調整が難しいかもしれない。

待つこと30分。なかなかお店が開かず今日は準備に時間が掛かっているのだなと思い気長に待つことに。

kanemasu

流石に遅いなーと思いお店を覗こうとすると、「ん?暖簾のような簾が店の前にかかっている」と思い、まさか!と思った次の瞬間店内からほろ酔い気分のお客さんが出てきて「美味しかったー」と言い帰って行った。

なんと15時半に着いた時点でお店はオープンしており満席で、さらにはウェイティングが出来ていたというのだから驚きだ。さすが人気店だ。

内観の雰囲気

kanemasu

kanemasu

お店に着いてから店内に入れたのは16時20分頃だ。おおよそ50分近くは外で待っていたことになる。立ち飲み居酒屋にしては回転率が悪いのかもしれない。

また席は全て立ちになっていて以前は10人ほどしか入れなっからしいのだがリニューアルして20名ほどが入る店内。

従業員は店主ともう一人の方で2人で回しておりなかなか忙しそうだ。

案内されたらいざ料理と飲み物を注文。

人気メニューは早めに頼むべし

kanemasu

メニューは店内入って一番奥とカウンターキッチンの裏の二箇所に黒板にチョークで書かれている。

正直近くまで行かないと見えないくらいの小さな文字で視力が悪い方は見えないかもしれない。

飲み物のメニューは店内探してもどこにも見当たらずいくらで何があるのかわからなかったがとりあえずビールを注文。

kanemasu

生ビールはエビスの黒ビールしかないとのことだ。黒好きには嬉しい限りだが。瓶ビールもあるので安心しよう。

「毛ガニサラダ」2,200円

まずは人気メニューを頼んで行く。早めに頼まないと無くなってしまうので後々に回さず先に頼んでおいたほうが良いだろう。

kanemasu

kanemasu

最初は2,200円のサラダってどんだけ豪華なんだ?と思ってしまった。

ただ料理が運ばれてきて食べて納得。贅沢にも毛ガニ一杯の身を全て外してあり自家製のポテトサラダと和えてある絶品。

kanemasu

食べ進めていくと中にはしっかり濃厚な蟹味噌があり美味すぎる。これを見た瞬間日本酒を注文。

kanemasu

日本酒は瓶の獺祭。あまり手間をかけずにやっているのだろうと立ち飲みやらしい出し方だ。ただ獺祭の瓶をなかなか出すところはないので嬉しい。

牛にこみ 900円

kanemasu

肉、人参、じゃがいもがゴロゴロ入っている絶品の一品。牛にこみで900円、他店と比べると少し高く感じられるかもしれないが全くの別物で是非食べて欲しい。七味をかけて食べるとさらに美味しくなるので是非。

のど黒さしみ 2,200円

kanemasu

脂の乗ったのど黒は皮は引いてあるがそれを若干湯引きしているのだろう。

身と皮の間に脂があるというがそれがとても感じられる。

kanemasu

山葵をたっぷりつけ食べるとまた美味い。日本酒との相性が抜群だ。

名物「生うに牛まき」 2,200円

『かねます』名物であろ一品。ほとんどのお客さんはこの料理を食べに来ているのではないのかと思うくらい皆注文している。

kanemasu

kanemasu

注文が入ってから店主が牛肉を切り分けてく。トロトロの牛肉が見ているだけでやばい。

生うにを中に入れて盛り付けていく。最高の食材が二つ合わさったら美味しくないわけがない。

生うに牛まき登場

kanemasu

kanemasu

牛肉を生で出せるお店はなかなかにと思う。若干炙ったりするのだが『かねます』では正真正銘の生の牛肉にたっぷりの生うにが入っている一品。

kanemasu

kanemasu

山葵をたっぷりつけて食べよう。脂があるので辛味は中和されるが香りが良くさっぱりと食べられる。これを食べた瞬間、「幸せだ」と思うくらい美味すぎる。

一人で行き食べて飲むのも良いが何人かで行きシェアして食べたほうがいろいろ食べられるので良いかもしれない。

食べ終えて最後に

創業は食べログ情報だと1961年。今から50年以上も前だ。当初はどのような料理を出していたのか気になるが現在は非日常的な高級食材を使い割りかしリーズナブルな価格で提供し多くのお客さんを虜にしている。毎日でも食べたい料理だが食べ続けたら痛風になってしまうような料理ばかりだが。

料理によっては仕入価格により日々変わることもある。それだけ店主の食材へのこだわりや旬の食材を使う努力をしている証拠だろう。是非一度行ってみていただきたいお店だ。ご馳走様でした。

かねます

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 勝どき駅月島駅築地駅

このジャンルのおすすめ
Pocket
LINEで送る

至福の数々!生うに牛巻きは必食!『かねます』(勝どき)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 絶品牛トロご飯!生絞りサワーも最高!「立呑み とだか」(五反田) | 食べ歩きコンシェルジュ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です