素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

金沢食べ歩き三軒目は、友人が予約してくれた和食の名店「竹千代」さん。行きたいお店リストを何軒か送ってもらった中、ほぼ和食屋さんばかりだった(笑)。

なんでか聞いてみると、歳取ると和食が良いんよね!と一言。個人的に和食の魅力がイマイチ分からず、銀座の某有名店で諭吉3枚以上払って美味しいと思えなかった。グルメの方々は頻繁に行っているし、ミシュランも獲得したのであながち人気店なのは間違い無いでしょう。

私は自分の味覚を信じているので、あのお店はブランド好きの集まりだ!と思っている。外面が良くメディアに取り上げられチヤホヤされているお店は信用しない方がいい。

色々書き出すと止まらないのでやめておきます(笑)

とりあえず、「竹千代」さんの和食が優しい味で美味しかったので紹介します。

予約必須!金沢で和食を食べるなら「竹千代」で決まり

正直期待もせずに行った「竹千代」さんだった。上でも書いた通り、和食に魅力が分からず鮨、焼鳥、天ぷら、など食べ慣れたジャンルの方が好きなのだ。特に鮨は昼夜ハシゴできるくらい好きだし、相当数食べ歩いたので語れる方だと思う。

(「はっこく(銀座)」のせいで鮨屋の新規開拓もやめると思うけど)

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

友人が予約してくれ定刻通りお店に到着。

野町を少し探索していたが、地方は閑散としている。数年前まではもう少し活気あったと思うけど、と友人は話していたが北陸新幹線のお陰で東京からの観光客が増えたと思っていた。

(2月中旬に行き、新型コロナウイルスが流行りだし翌日初の石川県で感染者が出たとニュースになっていた。外国人観光客が全く居なかったので街が閑散としていたのかもしれない)

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

店主は一人でお店を切り盛りしている。正確な数字は忘れたけど、二十年弱お店を営業しているらしい。こだわり強い器の数々や日々手入れしているカウンターの檜など愛情が溢れている。

基本コース料理のみ。(確か一万円だったかな?)

店主に軽く挨拶をし、いざスタート!!

「竹千代」を堪能する

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

ツルンっとなめらかで肌艶の良い胡麻豆腐。弾力もあり、味が凄く濃厚で旨い。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

蛤のスープとワカメ。

出汁の味が濃く、塩少々入れ絶妙な塩味。磯の香りも良く、とにかく美味しい!

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

富山湾のフクラギ。

フクラギとはブリらしく、地域で呼び名が変わるそうだ。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

唐墨(左から一年・四年・六年)と鯖へしこ。

味付けの違いを楽しませてくれるお店はあるけど、年数別は珍しい気がする。鯖のへしこも二年前の物らしく、日本酒が進む。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

自家製蒟蒻(こんにゃく)。出汁は牛スジで取っているそうです。

自家製の蒟蒻、初めて食べたけどザラザラした舌触りだった。スーパーで売っているような物とは全く違う。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

カブラとふきのとう味噌。更にカブラを裏ごしし豆乳と和えている。

分かりますか?決して高級食材を扱っていないのに野菜がここまで美味しくなるんです。東京含め、高級店は珍しい食材を使って映え系だったりが料理だと思っている人が多過ぎる。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

(牡蠣、椎茸、菜の花を白味噌ベースで味付けした一品)

確かに原価は安いかもしれないけど、手間が掛かっているのが食べていて分かります。食べ疲れも全く無く、もっと食べたい!次何出てくるんだろう?と、ワクワク感が止まらない。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

鶏スープも出汁が旨い。この出汁を使ってラーメンや蕎麦を作って欲しいなぁ(笑)

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

自家製がんもどきと金沢春菊!

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

ご飯のお供の漬物も勿論自家製!

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

七尾湾の牡蠣を使った土鍋ご飯。小ぶりではあるが、味が濃いのが特徴的だと思った。ご飯に程良く牡蠣の旨味が浸透し、お焦げも旨い。

焦げが旨い事をメイラード反応って言うんだっけな(?)

お代わりがあるので三杯は食べた。流石にお腹一杯になって残りは持ち帰り。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

赤出汁のお椀もシンプルだけど濃厚でほっこりする味わい。

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

モナカのデザートが出て、

素材を活かした優しい和食料理!「竹千代」(石川・野町)

最後はお抹茶でコース終了。

食べ終えて

お会計、一人15,000円くらい。

食材、味付け、雰囲気、価格、全て引っ括めて文句の付けようが無い。派手さは無いにしても、本来の和食や割烹とは竹千代さんのような料理の事を言うのでは無いかな。鮑や伊勢海老、雲丹や蟹など、これらを食べてばかりだと後半食べ飽きてしまうので私はダメ。一口は美味しいと思うけど、珍しいだけの食材なので飽きてしまう。

「竹千代」さんは玄人ウケする事は間違いなく、私は気が付かなかったが隣の席に某グルメで有名な方は食していた。定期的に通ってくれている常連さんらしく、お気に入りらしい。

私も金沢旅行来ることがあれば、再訪問します。季節毎に楽しみたいお店が発見出来て良かった!

日本料理カテゴリの最新記事