名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

今日から博多食べ歩き旅行ーー!!

と、言っても2月の出来事なんですけどね・・・。今は新型コロナウィルスの影響で食べ歩きをしたいけれど出来ない状況なので家ご飯を楽しんでいます。

博多は定期的に訪問しているエリアでもあり、日本の中で東京を覗くと一番好きな街かもしれません。名店と言われているお店が軒を連ね、無数の屋台が並び地元民や観光客で賑わいを見せオンリーワン感が凄い。何度訪れても新鮮味が溢れワクワクする。

今回は二泊三日の食べ歩き。前回は「鮨 かの」夫婦や栃木の名店「柏寿司」の大将も一緒だったけど、相方と二人で食べ歩きます!

福岡空港に到着するなり向かった先は・・・

早速紹介しよう!

福岡空港到着!1軒目に選んだお店は・・・

二年前から食べ歩き遠征もするようになった。

当時、横浜に住んでいて神奈川や東京周辺だけでも十分楽しめていた食べ歩き。お店を調べれば調べるほど県外に素晴らしいお店が沢山ある事を知った。

首都圏では楽しめない何かがあるのだと、当時時間の許す限り手当たり次第食べに行った。昼二食、夜三食と相方と二人だったので胃袋にも限界があり、一日五軒が限界だった。

食べ歩き仲間が多く入れば皆でシェアして少量ずつ食べればスタンプラリーの如く一日十軒は回れたかもしれないが、仲間が少ない私には不可能。気を使って食べるのも面倒なのと、大人数で行くと行けるお店も限られる・・・

食い意地張った結果、太ってしまった(笑)

・・・

福岡空港到着後、向かったのは某有名パスタ店!ぺぺたまと言う看板メニューを筆頭に毎日大行列を作っている超人気店!オープン前から行かないと一巡目で入れないとかで、急いで電車を乗り継ぎ向かった・・・

が、しっかり調べていなかった。定休日・・・(チーン)

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

落ち込んでも仕方ないので、電車の乗って戻る形にはなってしまったが昼から飲めそうな「釘本食堂」へオープンと同時を狙って待つ事にした。

こちらは豚料理に定評があり、中でも台湾式豚足煮込みが美味しいらしい。『台湾式』がよく分かっていないけど、写真で見る限りは現地感満載!醤油のコクと旨味に包まれ、脂が口内でドロドロと剥がれ落ち纏わり付き、旨味をビールで流し込む・・・

想像するだけでも旨い。

待っている人は居なく私達だけ。では、お邪魔します。

「釘本食堂」を堪能する

昼から飲めるとお伝えしたけど、実際昼間は周辺の会社員を相手にランチがメイン。豚足定食、唐揚げ定食などメニューが限定されているが、私はアラカルトで注文しよう。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

三種類の定食にアラカルト。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

夜のみしか注文出来ない一品料理。四川風麻婆豆腐と豚足餃子食べたかったけど、残念・・・

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

飲み物は昼間から注文出来るので早速楽しみたいと思う!

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

二日ぶりのビールはメチャクチャ美味しく感じる!遠征時は食べ飲みし過ぎてしまうので、二日目から調整している。

もっと休肝日を長く設けた方がビールも美味しく感じると思うけど、中々ね(笑)

0か100なので飲まない日をもっと作っていきます。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

アテに煮玉子と厚揚げ。

豚足の旨味を吸った汁に浸かっているけどクドさは全く無く、サラッとしてマイルドな旨味が口一杯に広がる。程良く軟らかくなった厚揚げに煮玉子は好みの半熟具合ではないけど味がしっかり付いている。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

そして、名物の豚足!

台北の有名な方から伝授してもらったという豚足煮込み。注ぎ足し使われている出汁らしく長年培ってきた旨味が濃縮され他では出せない旨味らしい。骨からの身離れ、味の染み込み具合、塩気の塩梅、確かにバランスが良く白米に汁をぶっかけて食べても美味しそうだ。

ただ、一つ疑問に思うのが自家製のタレを注ぎ足して使っているお店が色々ある。焼鳥屋のタレ、鰻のタレ、注ぎ足すと酸化するのは勿論ギトギトの脂っぽさが残り不衛生でしかない。一般消費者には響きが宣伝効果になるのか知らないけど、新鮮で出来たてのタレがフレッシュで美味しいはず!一概には言えないのかもしれないが、多分釘本食堂さんは毎回フレッシュなタレで煮込んでいると思う。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

若鶏のからあげも注文。これまたビールのアテにも良いけど、白米が欲してくる味付け。下味が濃いめに厚衣を高温でパリッと仕上げている。

そこへ、レモンを少々絞って食べる・・・言う事ありません。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

相方はすかさずご飯を注文した(笑)

だったら最初から定食を注文した方がお得だったような気もする。

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

ハイボールを頂き、ハイカラ(ハイボールと若鶏のからあげ)で私は楽しむ。夜メニューが注文出来ないので、食べたい物が無くなってしまったのでご馳走様。

豚足がウリのお店は少ないので希少だと思う。タイミング合えば夜にまた来て食べ飲みしたいと思います!

食べ終えて

名物の台湾式豚足煮込みを堪能する!「釘本食堂」(博多・呉服町)

出入り口にある大鍋はこのように豚足で溢れかえっている。注文が入る度取り出し、盛り付け、提供する。豚足は脂が凄いので下処理がとても大変だと思うが、その分原価は安いので手間が掛かるが利益は出るといったところでしょう!

博多食べ歩き一軒目、ヒットして良かった。時間の許す限り食べ歩きたいと思うけど、この後予定を決めていない・・・

二月中旬なので新型コロナウィルスの影響もあってか外国人観光客は少なく街に活気がなかった。営業自粛しているお店はほとんどないので有り難かったけど、一ヶ月後だったらやる事も無かったでしょう。

さっ、二軒目行ってきまーす!!

居酒屋・食堂カテゴリの最新記事