予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

何度か私のブログでも紹介している「鳥さわ22(西麻布)」の本店とも言える「鳥さわ(亀戸)」へ行って来た。

本当は「鳥さわ(亀戸)」へ行ってから、紹介制の「鳥さわ22(西麻布)」へ行けるようになるのだが、私の場合はたまたま予約席を頂いたので逆になってしまった。

「鳥さわ(亀戸)」ではどのような焼鳥や雰囲気が楽しめるのか?

友人と2人で堪能して来たので紹介しよう。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」へ、初訪問

何度か当店へ行こうと、当日予約ではあるが電話したんだけど振られ続けた。

(案外人気店でも当日予約で1人だったら入れることが多いんだよね。)

予約システムは訪問日の前月1日から電話すると記載があるが、今は電話して行きたい日が決まっていれば予約は取れるそうだ。

なので、いつも振られ続けているので曜日決めて予約した。

一日二回転するように予約を取っていて、スタートは17時半、次は20時〜となっている。17時半〜の会を楽しむ。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

亀戸駅から徒歩数分。

少し早く到着したので、近くの酒屋でお酒を見ながら時間を潰した。

鳥さわ22(西麻布)」の大将に「今日行きますのでよろしくお願いします!」と連絡しておいた。

そしたら、「店長に伝えてあるのでよろしくお願いします」と。

今、亀戸を任されている店長(大将)は22歳と若い。が、1番長く働いているスタッフらしく、これからが楽しみだ。

果たしてどんな鳥さわ劇場が楽しめるのか?

お邪魔します。

「鳥さわ(亀戸)」を堪能する

伝達がなされていたので、店長(大将)の前の席を案内して頂いた。(アザっす!)

上でも話したが、大将は本当に若い。22歳で任されてプレッシャーは無いのかな?

他のお客さんがいる前でそんな事聞けない。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

飲み物メニュー。

ワインが充実している。

料理は基本おまかせコースになっていて、お腹一杯になる手前でストップする。最初に苦手な物や、半生で出てくる串もあるので大丈夫か聞かれる。

半生、ウエルカム!!

(苦手な人はちゃんと伝える事)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

乾杯の瓶ビールを頂く。

店長(大将)と挨拶をして、いざ堪能する!

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

お決まりの自家製お新香。

箸休め的な一品なので、最初からバクバク食べない方が良いかも(笑)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

大根おろしも焼鳥の合間に食べると良いと思う。

ただ、大根おろしはお代わり出来るのでご心配なく。

おまかせコース(前半)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

最初はかしわ(もも肉)。

小ぶりスタイルは西麻布と同じ。ジューシーで柔らかく、肉質も繊細で美味しい。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

銀杏はホクホクし塩気も絶妙。

かしわの次に銀杏が来たが、この流れは初めてかもしれない。次は!?

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

大好きなウズラ!

黄身はもちろんトロトロ半熟!串を縦にすると、スーッと落ちるので最高な焼き加減なのだろう。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

レバー!

ほぼ生のように感じだが、食べてみるとメッチャ生でレバ刺しみたいでウマーイ!!

西麻布は最初に鶏のレバ刺しを食べさせてくれる。新鮮な鶏レバ旨味と香りが全然違うね。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

ハツモト(大動脈)

ハツモトは本当に好きで、お好みで注文するお店でも必ず注文する。

程よい食感と独特な香りが何とも言えない。酒が進むな〜

(おまかせで日本酒を頂いている。ボトルは持ってきてくれないので写真は無い)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

アピオス。

インドでは栄養の源と言われているそうだが、個人的には焼鳥のコースには要らないかな。

芋っぽくて口の中が乾く。

まー、好みの問題だろうが次回は外してもらおう。(いつも通り、砂肝は外しています)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

不揃いなつくねも何だか可愛らしく見える(笑)

大葉の香りと、タレの味がよりつくねを引き立てている。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

せせり。

肉厚で弾力が強く、口内で生きている様な噛み応え。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

オクラ。

塩気と粘り気のバランスが良い。

普段オクラを好んで食べないけど、純粋に美味しいと思えた。

おまかせコース(後半)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

徐々にお店の雰囲気に慣れてきて、店長とも会話を少しする。

プレッシャーもあるのに、若くてスゲーなーと思ったね。逆に若いから出来る事かもしれないが、普通だったらやりたく無いよね。

中澤氏(鳥さわ22大将)のお店だったのを、また新たなスタイルでやるんだから。嫌な思いも沢山するとは思うけど、それ以上に学びは多いと思うので、これから通って応援するね〜!

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

肩肉。

淡白な味なんだけど、噛めば噛むほどに旨味が出てくる。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

ちょうちんは言うまでも無いよね?

一口でパクリっ、口内が一瞬で幸福に包まれる。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

金針菜(きんしんさい)。

ユリの蕾なんだけど、毎回思うのがかなり味がはっきりしていて旨いんだよね。肉と金針菜の炒め物とか作ってみたい。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

迫力満点の手羽先!

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

焼きトウモロコシ。

焼鳥屋で季節を感じるのは野菜なのかもしれないね。

毎回言っているが、トウモロコシ味が好きなんだけど歯に挟まるのが嫌なんだよ(笑)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

こちらはソリ!腰の肉!!

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

合鴨。

中澤氏が鴨好きなんだろうな〜

おまかせコーススタイルの焼鳥屋では珍しいと思う。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

丸ハツ。

敢えて血を残しているので、独特な香りと旨さが楽しめる。

獣感はあるけど、これが本物の丸ハツ!!

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

ひざ軟骨。

軟骨なら俄然ひざ派の私にとっては嬉しい。ゴリゴリとムチっとした軟骨周りの肉質がまた素晴らしい。

日本酒が進むが、そろそろ腹一杯になって来たので、「そろそろストップでお願いします」と伝える。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

ぼんじり。

お尻の肉は脂身が強い。

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

厚揚げでおまかせコースは終了。

焼鳥屋の厚揚げ、なぜこんなに美味しいのかと毎回思う。家でも作れるのであれば、レシピ教えて欲しい(笑)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

〆は親子丼やっていないそうなので、そぼろ丼。

鳥さわの親子丼、いつ食べられるんだろう(涙)

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

鶏スープを飲んで、ご馳走様。

食べ終えて

予約必須!「鳥さわ(亀戸)」の若き大将が焼く焼鳥を食す

お会計、2人で23,000円くらい。

鳥さわ22に比べたら値段はリーズナブルだが、使っている鳥も違うから何とも言えないね。

総合的に見たら、焼がまだまだ甘いと言うか、私の素人的な意見だと強火と弱火の使い分けがなってないかな。

パリッと香ばしい食感をした部位が少なく、単調だった。これは経験しないと上達しないと思うし、逆に今スタート地点に立ったばかりなので、この先の進化を見届けたい。

もちろん素晴らしい焼鳥を楽しめるし、雰囲気も良かった。応援したいから敢えて辛口の意見だが、ご了承を(笑)

次回、いつ行こうかな〜

焼き鳥・焼きとんカテゴリの最新記事