コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

すすきの交差点から徒歩1分の場所(有名なブラックニッカの大きな看板の裏)にある、「ビストロ ポワレ」へ行ってきました。

今回の札幌食べ歩きはラーメンや寿司が多く、フレンチやビストロは一軒も行ってなかった!

正直、「東京に比べたら、どこも味は劣るでしょ?」と思っていた私だが、「ビストロ ポワレ」は一品食べたら、「次は何食べよう。あれも注文したい、こっちも食べてみたい!」。

私の食欲旺盛な気持ちを常にワクワクさせてくれた。

一応、一見さんお断りのお店らしいので、行く前に電話予約すれば問題ないそうです。

(一見さんは電話無しで行くと入れないので注意して下さい!)

札幌食べ歩きの最終日の夜に行ってきました!

「ビストロ ポワレ」のスペシャリテは、コンソメスープ!

上でも話したように、「ビストロ ポワレ」は一見さんお断り。

情報を知らなかった私は、とりあえず電話し空席状況を確認してから訪問し、入れることを確認しました!

(この時電話しておいて良かった〜)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

正直、清潔感とか明るい雰囲気とは程遠い、雑居ビルの二階にお店があります。

(お店の中は綺麗で明るいです)

大通り沿いから行くとわかりにくく、一本裏からビルに入るとわかりやすく明るいらしい。

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

店内入ると、お客さんは誰もいない。

しかし先ほどまで多くお客さんが居た形跡があり、店主は一人で片付けをしていました。

「ちょうど今お客さんが帰ったところなので、空いてる席にどうぞ!」と、愛嬌のいい大柄の40代くらいの店主。

店主は、飲食店コンサルティングや調理学校の講師もやったり、時にはケータリングもこなすほど、多忙な方らしい。お店もほぼ一人で切り盛りしているので、今は一見さんお断りとの事。

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

壁に飾られたワイン(空き瓶)の数々は、つい撮りたくなるフォトジェニック!

その上には手書きで書かれたメニューの数々。

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

メニューを見ていると、片付けが落ち着いた店主が奥から出てきて、

「今日は一軒目ですか?それとも二軒目ですか?」と。

いきなりそのような質問をされたのは初めて。

ここは正直に、「二軒目です」と伝える。

そしたら次は、「お腹は空いている?それもとも軽めにしておく?」

ここまで質問してくるか!?と、少しイラっとした。

 

ただ、よーく考えてみれば、その質問は有難い。なぜかというと、メニューを見てもオススメや量はわからない。

さらには私みたいに食べ歩きの数軒目で来たとなれば、オススメのみを少しずつ食べたいのです!

なので、正直いろいろ食べたかったけど、腹八分目だったので、

軽めにお願いします!」と。

なんとなく、この人(店主)ならお任せすればいろいろと作ってくれそうだな。と思った。

ワインも赤と白、お任せで注文し、いざ楽しむ事に!

ビストロ ポワレを堪能

乾杯のグラスワイン各種。

お好みを伝え、赤は重くて飲み応えのあるもの、そして白は飲み口スッキリだけど香りが強いもの。

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

2013年(赤)と2014年(白)を出してくれました!

どちらも期待通りのチョイス!

おつまみ盛り合わせ(店主おまかせ)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

運ばれてきたのは、これ!

「肉と魚、どっちがいい?」

との質問に、私は真っ先に、「お肉で!」

そう言って運ばれてきた、お肉メインのおつまみ盛り合わせです。

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

ポークテリーヌやホワイトアスパラにキッシュ、さらには焼き鳥のように串に刺さった砂肝。

見て楽しい、一皿!

そして肝心の味は、

素材を活かした料理や、コンソメジュレや柚子胡椒をつけて食べたりと、面白い!

このようにちょっとずつのワンプレートは、個人的にはとても嬉しい!!

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

追加でワインを!

ワインの種類によって、グラスを変えているところも流石だな。

ここから、しばし店主と話をしながら札幌の事や店主の事、そして私たちがこの旅で食べ歩いたお店の話を。

そしたら私たちが食べ歩いてお店、ほとんど知っていました!

さらには、そこの店の特徴や何が美味しいとか、さらには店主の名前までなんでも知っていた、、、(笑)。この人何者なんだ?

色々と聞いていると、札幌の飲食店を盛り上げる活動をしているので詳しく、横のつながりを大切にしているのでしょう!

時には、イベント主催も行っているそうです。

森町ひこま豚ベーコンのカルボナーラ(1,800円)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

おつまみで帰ろうかと思ったけど、話をしていると、あれもこれも食べたくなってしまう。

最後にパスタでも食べようと、考えた結果、カルボナーラ。

「本場のカルボナーラは、生クリーム使わないんだよ

そんな言葉を残し調理場へ入って10分強。

ベーコンの塩気とアスパラの食感の良さに加え素晴らしい甘み、そこへさっぱりとしたソースに細いパスタ麺。

一言で表すなら、「大人のカルボナーラ

子供が食べても美味しくないし、大人でもこの上品な味はわからないかもしれない。

私も正直、説明をしてくれなかったら、「さっぱりしたカルボナーラ」くらいで終わっていたでしょう。

ヤバイっ!もっと違うパスタも食べてみたい。ねっ、もう一種類注文しない?

考えていると、私たちの会話を聞いていた店主が、

だったらうちのスペシャリテ食べてよ!

道産牛のコンソメスープ(1,500円)

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

「スペシャリテ!」

そんな言葉を言われたら、食べないわけにはいきませんよね!

原価も一番高いし手間もかかっていて、作るのに4日間はかかるそうです。

コンソメスープが逸品!「ビストロ ポワレ」(すすきの)

スプーンを口に運んで行く途中で、「牛っ!牛ッ!!牛ーッ!!!」

素晴らしい香りで、焼肉屋で、熟成された和牛を炭で焼いて、焼き終わった和牛を口に運ぶん手前と同じくらい!

(伝わったかな(笑)?)

そして飲んでみると、、、むむ!?

先ほどの牛の香りが瞬間移動のごとく、サッと抜けコンソメの味がダイレクトに喉を通過していく!

正直、こんなコンソメスープ飲んだ事ないから他と比べられない(笑)

一つ言える事は、奥深い味わいで、ずっと余韻に浸れる素晴らしいコンソメスープです。

食べ終えて

食べ終えて、先ずは賛否両論あるとは思うけど、店主はずっと話していたので、好みが分かれる(笑)。

いろいろと料理の話やお店の話、さらには札幌のオススメの店も聞けたけど、店主がずっと一人で話していた(笑笑)

料理やワインは、「もっと食べたい飲みたい!」という気持ちがあり、一軒目で来たかった!

大人数で行き楽しむのがいいかもしれないな〜

いやー、しかし、美味しかったけど、値段もそこそこします。

札幌といえど、ここは東京並みに金額設定だったな(笑)

ビストロ ポワル

関連ランキング:ビストロ | すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)狸小路駅

フレンチカテゴリの最新記事