地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

浅草の地元民に愛されている居酒屋「ニュー王将」へ行って来た。

こちらはSNSをきっかけに知ったお店の一つ。大衆的な雰囲気とシンプルな料理がとても魅力的で一度は行ってみたくなり、仕事が早く終わった日に訪問。

昔ながらの古民家風な家と、決して便利とは言えない立地条件だが地元の方を中心に大盛況!近所にあったら必ず通いたくなるお店の一つだし、わざわざ行く価値があると思うので紹介したい!

どんな感じだったのか、早速紹介しよう。

「ニュー王将」へ、初訪問

最寄駅が浅草らしいが、調べると結構距離がある。

東京メトロ、東武鉄道浅草下車徒歩15分、つくばエクスプレス浅草下車徒歩10分、辺鄙な場所にある。

電車で行く方は駅からバスに乗って行く方法もあるが、面倒な方はタクシーが良いかもしれない。ちなみに私は相方が飲まないので(正確には飲めない)車で向かった。

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

向かう前に電話して空席状況を確認済みで予約しておいた。

創業何年になる不明だが、かなり年季の入った建物が歴史を物語っている。仕入れに使っているであろうバイクや雨風で汚れた垂れ幕、外観だけで高揚感が半端無い(笑)

そして店内入ると、スナックや喫茶店の雰囲気満載!テーブル席では地元民の方々で埋め尽くされ、私達が座った大きなテーブル席の隣ではマスターのお孫さん(?)が夜ご飯を食べていたりと、アットホームな雰囲気。

(お孫さんが食べていたオムライスとハムカツのセットが美味しそうだったなぁ)

マスターや女将さんと気さくに話す人が多く、愛されているのが感じられる。

メニューは壁に貼ってあり離れていたので写真が撮れなかった。ネットから検索してみて下さい。

「ニュー王将」を堪能する

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

とりあえず瓶ビール!

赤星、センスが良過ぎる。

洋食メニューが多く、どれも魅惑的で迷ってしまう。何を食べれば良いのか、絶対的王者の料理は何なのか。ここは直感に任せるのと、好きな料理を注文するしか無い!

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

チーズオムレツ(750円)。

シンプルながら半熟玉子と濃厚なチーズにケチャップのコクが加わり、最高のアテ!家でもたまに作るが職人さんが作った方が100倍美味しい。

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

赤ウィンナー炒め(700円)。

昔母親が作ってくれた弁当によく入っていた赤ウィンナー。タコ足になってシンプルに炒めただけだと思うけど、これまた最高のアテになる。

ケチャップより辛子の方が合うんだよね。

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

肉豆腐(680円)。

豚肉、豆腐、玉葱、濃いめの味付けが酒欲を増進させてくれる。

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

生レモンサワー(450円)。

レモンリキュールでない事を確認してから注文した。アレは酸っぱくて美味しくないので進まないからね。

ファーストオーダーが全て運ばれて来た。一皿のボリュームが多く、二人で品数多く楽しむのは厳しそう。もし行くなら四人で行き焼酎ボトル入れながら色々食べるのが良いと思う!

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

追加オーダーのメンチカツ(800円)。

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

外は香ばしく、中はトロトロなメンチカツ。食感のコントラストが楽しめ、肉汁の甘みも格別!

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

ヤリイカの炒め物(?)。

油っこいものが続いたので少しあっさりした料理が食べたくなった。〆にオムライス(お孫さんが食べていた)を食べようと思っていたけど、完食できそうにないので諦める。

レモンサワーを何杯か飲みながら店内で流れているテレビを観賞しながら全て完食!上でも話した通り、次回は四人で来て色々堪能したいと思う。

ご馳走様。

食べ終えて

地元の方に愛される居酒屋!「ニュー王将」(浅草)

お会計、6,338円。

何食べてもハズレなし!食事に行くのも良し、仲間内でガンガン飲みに行くのもアリ!雰囲気も良いので近所の方が行く理由が分かりました。

この辺りは隠れた名店が多そうなので、お店出た後近所をふらふら。街中華があったり、某蕎麦屋(実はこの後行く事になった)、人気の焼鳥屋など。

浅草食べ飲み歩き、ホッピー通りの路面店なんか行くよりこのエリアの方が面白いしオンリーワンがある。今後開拓していこう!

「ニュー王将」是非一度行ってみて下さいね〜

居酒屋・食堂カテゴリの最新記事