予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

食べログうなぎ部門No. 1のかぶと(池袋)に祈願叶って行くことができました。

うなぎ好きなら知らない人は居ないであろう名店中の名店!

そんな人気店はやはり皆行きたいので予約が困難!そしてものすごく行くまでにハードルが高く、嫌になってしまくらいw

かぶとに二回行ってきたので、予約方法や料理など紹介したいと思います。

予約1年待ち!
祈願叶ってようやくありつけた、絶品うなぎ料理の数々

さて、冒頭でも述べたとおり、当店は言わずと知れた大人気店!

人気店といえばものすごく予約が困難で、当日予約はもってのほか、数ヶ月前から予約しなければ入れないようなお店も多数あります。

ただ、当店は別次元の予約困難店だった、、、

予約は11ヶ月先!(2016年現在)

なのでほぼ一年待ちなので、予約した日も忘れてしまうんではないか!?

しかもそんな先の予定全くわからない!!

そこまで予約で埋まっているかぶとも凄いですが、そこまでして行く価値があるのか?

と少し疑問に思ってしまう私も居ましたw

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ただ、今年から予約方法が変わったらしく(今までは電話予約でした)、

お客様各位
ご予約について、おかげさまで年内12月までご予約で満席になりました。来年からのご予約につきましては、ご予約期間を短くさせて頂く為、長期的に止めさせて頂きます。再開日、ご予約方法につきましては正式に決まり次第告知させて頂きます。ご迷惑お掛け致しますが、何卒よろしくお願いします』

私が行った時も予約方法はまだ決まってなかったのですが、

「多分ウェブ予約でやって行こうかな〜と思っています」と店主が言っていました。

また、「1年も待たせてしまうとお客様にも迷惑がかかってしまうし、どうしてもキャンセルが出てしまうので」との事。

どちらというとお店側の管理が物凄く負担になってしまうような気がしますね〜

もっと気軽に行けるようになれば嬉しいですね!

メニューは基本お任せコース

さて、気になるメニューや料金はどのようになっているのか?

食べログを見てみると、料金の平均目安は15,000円〜20000円となっています。

流石に昨今のうなぎの高騰で致し方ないのかな?

日本一の呼び名高い「かぶと」のうなぎはもうブランドなので、それくらいはするんだろうな〜

最初はそう思っていましたが、実際に行ってみると、基本お任せコースで料理が出てきますが、食べて飲んで、1人13,000円弱くらいでした。

日本酒相当飲んでそれくらいだったので、飲まない人だったら10,000円前後で済むと思います。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ただ、何度か通っている方はアラカルトで注文する人もいるそうです!

  • 串焼き一通り(1人前7本セット) 1,250円
  • えり焼 150円
  • ひれ焼 150円
  • きも焼 210円
  • 一口蒲焼 250円
  • れば焼 210円
  • 蒲焼(上)3,000円、(特)4,400円、(丸特)5,800円
  • 白焼(上)3,000円、(特)4,400円、(丸特)5,800円
  • 鰻重(上)3,000円、(特)4,400円、(丸特)5,800円
  • 御新香 400円
  • 奴(国産大豆 天然苦汁使用)400円
  • 肝吸い 350円
  • きもわさ 500円

「天然うなぎに付きましては、季節、産地により価格が異なりますのでお尋ねください」

見てみると、アラカルトで注文しても値段がリーズナブルです。

お任せは串焼きが何種類か出てきてから、白焼、そして蒲焼が出てくる感じです。

まー、正直無難にお任せで注文しておけば店主も女将さんもやりやすいですし、やりがいがあると思うので、先ずはお任せで頼むのがいいでしょう!

飲み物は、

  • 生ビール(白穂の香) 800円
  • ハートランド 600円
  • プレミアムモルツ 600円
  • くくみ酒(純米) 800円
  • むすひ 800円
  • 亀甲宮(キンミヤ) 300円
  • 麦茶割 500円
  • ジンジャエール 300円

飲み物もある程度はありますが、私の印象では食事がメインのお店なので、種類はそこまで多くないです。

焼酎に関しては、キンミヤしかなかったような?

ただ日本酒はメニュー以外にも10種類弱はあり、好みをいえば女将さんが選んでくれます。

祈願のかぶとに行く日がやって来た
テンション上がりすぎて早く着いてしまった初訪問

1年弱の時を待ち、ようやく祈願の初訪問日になりました。

もちろん待ちに待った日なので、テンションは物凄く高い!!

早く食べたくて、日本一のうなぎ屋に行きたくて、ついつい早く家を出てしまいました。

(予約の日にちや時間は、予約日の1週間目にショートメールが来て確認出来るので予約日を忘れていても大丈夫です)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

19時半からの予約だった私は、お店に着いたのが19時。

「先に行って、一杯飲んでよう!」と思い、行ってみましたが、前のお客さんがまだ楽しんでいる最中で入れませんでした。

かぶとは一斉スタートの2回転制らしく、早く行っても店内に入れないし、いい席に座れるわけではありません。

(いい席というのは、店主の真ん前で、うなぎを捌いている姿が楽しめる席)

30分くらい待つのは致し方ない!

そう、諦めがついたので待って居ましたが、前のお客さんは19時半を過ぎても一向に帰ろうとしません。

この日は色々と時間がかかってしまったらしく、入店したのが19時45分過ぎでした。

私みたいに、かぶとのうなぎが早く食べたいから、早めに行こうって考えている方も少なからずいらっしゃると思いますが、時間通りに行きましょう。

そして、時間ちょうどくらいに着くのがいいと思います。

前のお客さんたちが皆帰り、外で待っていると、店主が窓から順番に名前を呼んで、呼ばれた方から店内に入り席に座って行きます。

最初に呼ばれると、奥の座敷になり、そこからカウンター席に座っていく感じです。

そして初訪問した日は、私の中では特等席だと思っている、店主の真ん前!

うなぎ捌いてる姿を見られるので、とても楽しいし、面白い席です。

生ビール(白穂の香)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

とりあえず待ちくたびれてしまったので、飲み物を注文し、楽しんで行きます!

もちろん乾杯は生ビールですが、初めて飲んだ白穂の香はクラフトビールかな?と思いましたが、こちらサッポロの生ビールらしいです。

これが口当たりよく、とても飲みやすい!

普段生ビールは一杯しか飲みませんが、この日は二杯飲んでしまうくらい好きです。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

お通しは、さっぱりとした大根の漬物です。

奴(国産大豆 天然苦汁使用)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

「焼物が出来るのまで時間が掛かりますので、奴と御新香いかがですか?」

正直うなぎの串焼きが来るまで、お腹を空かしておきたかったですが、オススメされたら注文しないわけにはいきません!

この日は3人で行き、奴と御新香1人前ずつ注文しました。

1人1人前は食べられますが、お腹いっぱいになってしまかもしれません。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

女将さんが優しく、三等分に綺麗に切ってくれました!

付け合わせの対馬の塩があるんですが、これがまた好きな塩気で、塩だけでお酒が飲めるw

奴は先ずはそのまま食べ、途中で対馬の塩で味を変えるのがいいでしょう!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

店主はとにかく忙しそうです。

愛嬌のいい二代目店主は、焼物を焼きながらうなぎを捌いての繰り返し!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

「うなぎは捌きたてが一番美味しい!」

そんな信念でやっているのでしょう。活きの良いうなぎは本当に捌きにくそうですが、流石職人!

素晴らしい包丁使いで綺麗に捌いてます!これが私の言う、特等席なんですw

えり焼(関東風)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

串焼きが出来上がって来ました!

えり焼きは一度蒸してあるので、関東風と歌っていて、うなぎの串焼きで蒸しているお店初めてかもしれませんね〜

柔らかくて食べやすく、タレの味も絶妙です!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

生ビールを二杯飲み、日本酒を注文!店主のお任せでお願いし、最初は大信州!

御新香

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

減農薬無農薬の野菜のみで作った御新香は、野菜の旨味や甘みを活かした味付けで美味!

注文してから料理が運ばれて来るまで相当時間が掛かりますが、気長に待っていましょう。

えり焼(関西風)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

今度は関西風で、蒸していないのでパリパリとした食感が楽しめます!

好みが分かれますが、えり焼きに関しては関東風の方が好みかな〜

うなぎの心臓

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

新鮮かつ、捌きたてだからこそ食べられるうなぎの心臓。

写真ではわかりませんが、運ばれて来たときピクピク動いているんです!

味は別にしませんが、こういったパーフォマンスは唯一無二なんでしょう。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

3人で2合徳利でもらっても、直ぐになくなってしまうw

ひれ焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

尻尾、背びれ、腹びれなどを使った串焼きは、他店だと捨ててしまうお店も多いそうです。

1本で4匹分らしく、うなぎを余すっことなく使っています!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

もう日本酒が止まらないw

肝焼き

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

個人的に一番好きだったのが、肝焼きです。

うなぎの肝って、肝吸いでしか飲んだことない方も多いと思いますが、焼いて食べると本当に美味!

数量限定で、1人1本食べられない時も多いそうですが、この日は食べれられました!

一口蒲焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

一口サイズなのでおつまみで最高です!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

これはお店にある日本酒全て制覇できるのでは!?

料理が美味しいと、お酒が進んでしまいます!

れば焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

希少なれば焼もこの日は3人で2本を分ける感じでした。

臭みが全くなく、独特な味がお酒と良く合います!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

そして先ほど捌いていたうなぎを店主が串打ちを、焼いて行きます!

串焼きが一通り出てから、白焼が来るまでしばし時間がかかるので、ここで一息を入れるために、

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

友人はプレミアムモルツを注文し、

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

私はウーロンハイで口直し!

日本酒続きで口の中が飽きてしまったので、一度さっぱりさせてからまた楽しみます。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ちなみに、この時のおつまみは奴についていた対馬の塩w

この塩、本当に美味しく、これだけでずっと飲んでいられるような気がします!

白焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

お待ちかねの白焼は、この日うなぎのサイズが大きかったので二尾にしました。

うなぎの量も食べる前に店主から、どのくらい食べますか?と聞かれるので、ある程度店主のお任せで大丈夫だと思います。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

蒸していない関西風の白焼は、皮目がパリッとしています。

鰻重で食べるなら、関東風の方が好みですが、おつまみとして食べるなら、関西風の方が好みですね〜

ここで店主から色々説明があり、

皆さん!白焼を他店で食べると必ずワサビと醤油が付いていませんか?

当店ではその食べ方をやっていません。なぜなら、醤油をかけることによってうなぎの旨味や風味が全て消えてしまって、醤油の味しかしないからです!

だったらなぜ他店ではそのような食べ方で提供しているのか?

うなぎは捌いたら、脂の部分がどんどん酸化していきます!っていうことは、捌いてそのまま置いておくだけで酸化してしまうので、焼いてそのまま食べると、臭みが物凄く残るので、ワサビと醤油で食べさせるんです!

当店でも是非一度醤油をかけて食べてみて下さい!味が全くしないのがわかると思います!」

この説明を聞いて食べると、本当に納得が出来、捌きたてのうなぎがどれだけ美味しのかわかります!

食べて納得、これは極上の白焼です!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

あっという間にウーロンハイがなくなったので、1人で日本酒の戻る!

白焼なら日本酒でしょう!

肝吸い・ご飯

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

最後に蒲焼が出て来るのですが、肝吸が先ず出てきて、

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ご飯の量を選べ、

「小・中・大」で私は中にしました!もちろん足りなかったらお代わりができます!

蒲焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

特大サイズのが二尾!

蒲焼も関西風で、先ずはそのまま食べ、

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ミニうなぎ丼にして食べます!

店主から最初に言われますが、初めて来店された方は、卓上に山椒がありますが、串焼きもうなぎも全てそのまま食べて欲しい!

と言われます。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ただ、私は大好きな山椒をかけてしまいましたw

もちろん最初はそのまま食べ、後半味変で!

個人的には山椒をたっぷりかけて食べる方が好きなんですよね〜

同月に再訪問!月に二度もカブトのうなぎを食べてしまった私は幸せ者

そう、私はせっかく電話が繋がり予約が取れるチャンスがあったので、同月で二回も予約を取りました!

違う友人も行きたいと言っていたので丁度いいかな?

再訪問は学習し、19時半丁度にお店の前に着くと、前のお客さんは皆帰っていて、店主と女将さんが準備している最中でした。

今日は順調に進んだのかな?

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

そしてこの日は、最初に名前が呼ばれ、一番奥の座敷に案内されました。

友人はカウンターが良いっと言っていましたが、こればっかりは致し方ない。

ただ、カウンターよりゆったり座れるので、座敷の方が好きな方もいるのでは?

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ロンモチ、乾杯は生ビールです!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

座敷から店主が見えますが、前回は真ん前で色々話せたので、若干寂しい。。。

えり焼(関東風)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

料理は前回と同じ、お任せ料理で、内容もほとんど一緒でした!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

お通しも大根の漬物で同じ!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

ただ、この日は前回飲んだ日本酒を女将さんに伝え、全て違う銘柄をチョイスしてもらいました!

えり焼(関西風)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

相変わらずカリッカリです!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

奴も御新香ももちろん一つずつ頂きました!

(御新香は写真撮り忘れました)

友人も、対馬の塩には感動してましたね〜

これだけでお酒が進むってw

ひれ焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

相変わらずの美味しさで、またまた日本酒が進んでしまう!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

一体当店には何種類の日本酒があるのだろう?

今日散々飲んでも制覇できないのかな?

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

心臓も大きさが極端に違いましたが、大きい方の心臓の動きが激しくて面白かった!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

違う部位のひれ焼(?)

もう一種類のひれ焼だったような気がしますが、この日は店主の話が遠くてあまり聞き取れなかったw

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

日本酒も店主自ら蔵元まで足を運んで仕入れているのかな?

辛口だったり、スッキリしていたりと色々あり選べるので良いですね!

一口蒲焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

この日は再訪問だったので、山椒をかけて食べました!

やっぱ山椒をかけた食べたほうが好みですね!

きも焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

この日は2人で1本!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

大信州の、「仕込み三十号」が美味しく、もっと飲みたいと思ってしまいました!

三十号って作られた樽の番号らしい。

最近勢いがある、大信州は面白いお酒が多いですね!

れば焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

これも2人で1本でした!希少部位は仕方ないですね!

白焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

前回、うなぎのサイズが大きかったですが、この日は一回り小さかったです!

産地は鹿児島産って言っていました。

かぶとでは産地にこだわっていならしく、その日良いと思ったうなぎを仕入れているそうです!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

『直』と言うなの日本酒は、名前の通り、直球勝負のごとくガツンっとした辛口の日本酒です!

若干癖があった方が好みなので、こんな感じの日本酒好きですw

蒲焼

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

こちらも小ぶりでしたが、脂がのっていて相変わらず美味!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

肝吸いも付いてきて、ご飯は大にしました!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

贅沢なうな丼は贅沢そのもの!

やっぱ関西風のうなぎの方が好きなのかな?

いや、かぶとのうなぎが素晴らしいから関東風だろうが関西風だろうが美味しく感じるんでしょう!

贅沢にも同月に2回もかぶとを堪能し、私が思ったこと

食べログうなぎ部門一位のかぶとに行き、色々と感じました。

正直、ハードルが高すぎるので気軽に行けないことは一番のネックですね。1年弱待ってまでは私的には行く気が失せると言うか、一度待ったから次は1年も待てないですね。

店主は二代目らしく、先代は物凄く頑固(?)だったらしく、怖かったらしいですが、二代目は優しくて、お客さんのことをしっかり見ていて、また違った色を出しているそうです。

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

先代の時に行ったことはないのでなんとも言えませんが、今の店主はアットホームで雰囲気がよく、居て楽しいです!

うなぎに関しては、基本関西風の焼き方で(捌き方は背開きだったので関東風ですが)東京で食べられる鰻屋では珍しいと思う。

かぶとのうなぎを食べれば、関西風の好きになってしまう方も多いはずです!

予約困難!1年待ちの鰻屋に行ってきた!「かぶと」(池袋)

流石人気店だな〜っと思ったのが、電話が頻繁になっているということです。

数回鳴ったら、留守電になりますが、予約困難店はこのような対応も大変ですね!

(営業中は電話に出ませんが)

何れにしても、当店でしか食べられない唯一無二うなぎは行くまでのハードルが高いですが、行けば納得できました!

来年からもっと気軽に行けるようになることを願うばかりw

これから鰻屋の食べ歩きも頻繁に行きたいと思います!

大変楽しい時間と最高の料理でした!

ご馳走様でした!

かぶと

関連ランキング:うなぎ | 池袋駅要町駅北池袋駅

おすすめ記事カテゴリの最新記事