鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

大人の街麻布十番に朝4時までやっているラーメン屋がある。

そこは一見、外観はお洒落なレストランの様に見え中に入るとバーに来たかのような作りをしています。

2014年5月12日に麻布十番の地で「鶏そば十番156」をオープン。

麻布十番店を本店とし、東京都町田市に支店を構えている。

この日は友人数人で麻布十番で飲んでいました。

2件ほど飲み屋さんをハシゴしてそろそろ終電も近いし帰ろうかな〜っと思っていたら、友人の一人が
「美味しいラーメン屋あるから〆て帰ろう」

と言いだしたのでほろ酔い気分でしたので行くことに。

お店の名前はなんて言うの〜っと聞いたところ、「イチコロ」っと返ってきて

ん?なんか前にテレビか雑誌で見たことある様な聞いたことある様な。

あっ芸能人が紹介していたお店で、私の行きたい店リストの中にも入っていた!っと思い出しテンションが上がり早速お店に行ってきました。

鶏そば十番156にいざ潜入

お店は麻布十番駅から徒歩1分。ものすごい好立地な場所にあります。

営業時間もAM11時〜AM4時までの通し営業なので使い勝手がいいです。

IMG_2056

外観はなんともお洒落な感じ。

お店を知らない人はラーメン屋さんとは思わなかもしれないですね。

鶏そば十番156のメニュー

IMG_8133

店内入ると券売機。

メニューを見てみると種類が多くかなり悩みます。

  • 純鶏そば 780円
  • 純鶏あおさそば 880円
  • 純濃つけそば 850円
  • 純濃のり玉つけそば 950円
  • 鶏塩まぜそば 780円
  • ピリ辛!エビ辛担担麺 900円
  • 鶏煮干中華そば 900円

ラーメンの種類だけで7種類。

その他にもおつまみ的な料理もあります。

  • 特製たこ焼き(オタフクソース味)600円
  • 特製たこ焼き(ネギぽん酢・明太マヨ・照りタマ)650円
  • 焼き餃子500円

いやー飲み屋さんとしても使えますね。

しかし、たこ焼きの味付けの種類が銀◯こさんとよく似てます。

とりあえず友人と私含め3人で行ったので別々のもの頼むことに。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

店内はカウンター16席、テーブル6席とラーメン屋さんにしては広めです。

カウンターにはシャンパンの空き瓶も飾ってあり益々何屋さんかわからなくなります。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

席についてメニュー表を見てみると鶏スープへのこだわりが書いてあります。

『こだわりのスープは、九州産の鶏ガラ、モミジ、ネックと厳選した野菜を6時間炊き込んで
鶏の旨味とコラーゲンだけを抽出した純国産鶏白湯スープです。
オススメの「純鶏あおさそば」は伊勢志摩産のあおさのりを贅沢に盛り付けたいちころ渾身の一杯』

鶏スープへの絶対的自信が感じられます。

さらにランチタイム(11時〜17時)だとご飯の丼物が+100円で付けられるのでお得らしいです。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

とりあえず頼んだビールで乾杯して待つことに。

プレミアムモルツ小瓶650円と少し高め。
麻布十番という土地恐るべしです!

純鶏そば 780円

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

先ずはシンプルに純鶏そばです。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

あおさ海苔が一押しと書いてあったのは席についてからだったので今回はシンプルなのを頼みました。

チャーシュー、味玉半分、水菜、メンマ、刻みネギ。

鶏白湯系のラーメンでこのようなトッピングは珍しいような気がします。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

見た目より全然あっさりしたスープ。

脂っぽくないので女性にも食べやすい!?
って思ったらやはり女性にも人気のラーメン屋らしいです。

お洒落の店構えにカロリー控えめのヘルシーさが女性を虜にしているそうです。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

細麺のストレート。
スープとの絡みや麺の固さ、そして舌触り最高です。

個人的にこの麺好きです。

純濃のり玉つけそば 950円

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

続いてやってきたのは、つけそばです。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

鶏そばとは違い中太麺です。

その上には味玉、チャーシュー、水菜、メンマ、海苔。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

鶏そばにも入ってましたが、「156」と刻印されたチャーシューがお洒落。

こーゆーのが女性にも人気の秘密かもしれません。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

つけ汁は鶏ベースと魚介ベースを合わせたもの。

どちらかというと魚介が強く濃厚。とろみもあるので麺とよく絡み美味しいです。

鶏そばとはまた違った美味しさがあり、つけそばだけでも充分看板商品になりそう。

ピリ辛!エビ辛担担麺 900円

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

鶏そば、つけそば、担担麺。色々楽しめて良いです。

ただ私の勝手なイメージかもしれないが色々な味を出しているラーメン屋は美味しくない。
っというイメージが強かったですが、こちらは違いました。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

味の付いたひき肉、干しエビの香り、タレの味がとてもマッチしています。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

しっかり混ぜ込み全体を絡ませます。

汁なし担担麺って普段あまり食べないですがこれ食べたらやみつき!

以前ブログで紹介した鶴見「自家製麺てんか」以来の衝撃の旨さです。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

食べれば食べるほどひき肉との相性の良さに驚きです。

ここは一体何屋さん!?
担担麺屋さんですって言っても通じます。

先ほども言った、つけそばも看板商品になるし汁なし担担麺も負けていません。

お店の一番のこだわりは鶏スープですがその他のラーメンにもこだわりがすごく感じられます。

いやーどれも最高に美味しいです!

替え玉 150円

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

純鶏そばを頼んだ友人がもう少し食べたいと替え玉を追加していました。

〆には替え玉の他に鶏茶漬けもあります。

鶏そば十番156(イチコロ)麻布十番本店の味にいちころ

一般的に替え玉はラーメンを食べ終わった残りのスープにドボンッといれますが、こちらでは少し違った食べ方があります。

1.最初はスープに入れずにそのまま食べる。
『まぜそば』のようによく混ぜてお好みでレモン酢を入れてみる。

2.残った麺をスープに入れて替え玉として食べる。

最初は和え玉として食べてから替え玉といった食べ方でしょう。

もちろんお好みで良いと思いますが、そのまま混ぜて和え玉として食べたほうが私は好きでした。

鶏茶漬けも気になりましたがここら辺でお腹いっぱいで帰ることに。

食べ終えて

最高のラーメン屋さんを見つけました。
このクオリティーで朝の4時までやってるのだから驚きです。

麻布十番で飲むことがあったら〆に行きたい。町田店もいく機会あれば行ってみます。

満足でした!ご馳走様でした!

鶏そば十番156 麻布十番本店

関連ランキング:ラーメン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

ラーメンカテゴリの最新記事