京都の人気ラーメン店が麻布十番に復活!『新福菜館』

azabujyuban-shinpukusai

関東に新福菜館が帰ってきた。以前、新横浜にあるラーメン博物館「通称ラー博」の中にあったが閉店。その後港北モザイクモールの中にもできたのだが閉店し、それ以降関東では食べられなくなってしまった。

そんな中、2015年2月に麻布十番の地に復活を遂げた京都ラーメン『新福菜館』。何と言ってもあっさりとした醤油ラーメンもオススメだがもう一つの看板メニューは焼きめしだ。

今回は二枚看板をもつ当店をご紹介し一人でも多くの方に雰囲気や魅力が伝わり「行ってみたい」と思ってくれたら幸いだ。

新福菜館の特徴

本店は京都駅東方の下京区塩小路高倉(通称、たかばし)。創業は1983年、店舗形態での営業開始は1945年と古く、京都一の老舗、京都ラーメンの源流・ルーツなどと言われている。

外観の雰囲気

azabujyuban-shinpukusai

「麻布十番」駅から徒歩数分の場所にお店はある。外観は赤色の看板や提灯が目立ち新福菜館らしい店構えだ。この日は週末の19時頃訪問し数名お客さんはいたもののすぐにお店に入れた。また土地柄専用の駐車場はないので車で行く人は近くのパーキングに停めたほうがいいだろう(直ぐに駐車禁止が来てしまうかもしれない)。

azabujyuban-shinpukusai

また券売機は外に置いてあり、わからずに中に入ってしまう人もいるらしいので注意していこう。

内観の雰囲気

azabujyuban-shinpukusai

azabujyuban-shinpukusai

食券を買い店内入るとカウンター席7席に壁側に二人掛けのテーブルが三つあり通路は狭いが割りかしゆったり座れる。また密かに人気なのが2階の隠れ家である。知らない方も多いとのことだ。それもそのはず、お店側は大々的にアピールをしていなく知る人ぞ知る隠れ家らしい。行きたい人は予約が必須だ。

二枚看板メニュー

azabujyuban-shinpukusai

ラーメン同様焼きめしも人気だ。周りを見渡すと「ラーメン+焼きめし」のセットを食べている人が多い。サイズは(小)と(中)がお好みで選べるので自分の胃袋と相談して決めよう(セットのみ(小)と(中)しかないが単品だと(大)がある)。

また中華そば(小)の料金は550円と手ごろに食べられるのが嬉しく財布にも優しい限りだ。

セットメニュー

  • ラーメン(小)+焼きめし(小) 950円
  • ラーメン(中)+焼きめし(小) 1100円
  • ラーメン(小)+焼きめし(中) 1050円
  • おつまみチャーシュー(大)+ビール(中) 1000円
  • おつまみチャーシュー(小)+ビール(中) 800円

食事のセットメニューも良いがちょい飲みにも嬉しいセットメニューがあり様々な用途で使えるのが人気の秘密かもしれない。

この日筆者は車で行ったのでもちろんお酒は飲めないので「ラーメン(中)+焼きめし(小)1100円」注文した。

5分後料理が運ばれてくる

厨房は三人ほどでまわしておりホールには外国人の店員さんが一人。赤い看板同様赤いTシャツ姿に頭にタオルを巻きフライパンを振る姿はなかなかカッコよく見入ってしまう。そんな姿を見ていたらあっという間に料理が運ばれてきた。

焼きめし(小)

azabujyuban-shinpukusai

azabujyuban-shinpukusai

色が濃いめのしっとりとした焼きめし。決してパラパラとした焼きめしではないが全体に味が染み渡りどこか懐かしい味がする。

azabujyuban-shinpukusai

食べ進めていくと癖になり止まらなくなる。お酒のおつまみにもなる味わいだし焼き餃子とも一緒に食べたくなるが餃子はないので諦める。

中華そば(中)

azabujyuban-shinpukusai

azabujyuban-shinpukusai

焼きめしが運ばれてから少したち中華そばが運ばれてきた。醤油ベースのスープは見た目とは真逆であっさりしていてとても飲みやすく食べやすい。具は茹でたもやし、刻み青ネギ、チャーシューのような豚バラが二枚。茹でたもやしは正直いらないかな、と思ってしまうがネギとの相性が良い。

azabujyuban-shinpukusai

麺は中細麺。やや弾力がありモチモチしている。麺の香りも良くスープとの相性が抜群だ。いわゆる昔ながらの中華そばに似ているが深みががあり関東ではなかなか味わえない一杯かもしれない。

残念なのがチャーシューのような豚バラだ。これでもかというくらい薄くぺらぺらだ(ここまで薄いと多分機械で切ってるのだろう)。味がしっかり染み込んであるんだと思うがここまで薄いと味や食感が楽しめないのが残念だ。今回はおつまみチャーシューを頼んでないのでわからないがこれが出てきたら残念だ。

ただ食べ進めていくとチャーシュー以外はチェーン展開しているとは思えないほどのクオリティーの高いラーメンなので満足がいくだろう。

食べ終えて最後に

京都の老舗ラーメン店『新福菜館』。オープン当初は行列ができなかなか気軽には食べられないと話題になっていた。ただ一年以上経った今では少し落ち着き時間帯によってはすぐに入れ気軽に食べられるようになった。

今回は中華そばと焼きめしを食べたがオススメは「焼きめし」かもしれない。どちらもどこか懐かしい味がするのだが癖になるのは焼きめしのような感じがしたしもっと食べたいという気持ちになった。多分焼きめしが(小)だったのかもしれないが。次回行くときは焼きめし(大)を食べるだろう。ただ中華そば(小)は550円ととてもリーズナブルなので〆の一杯としても最高だ。

また近くを通るときは行きたいと思う。ご馳走様でした。

関連ランキング:ラーメン | 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅

このジャンルのおすすめ
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です